ブログ
- 痛いの痛いの飛んでいけ? -
11月 25, 2015 7:01 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
膝通と眼精疲労の治療で

口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく西区、天白区、清須市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

4月からやすだ鍼灸接骨院の
スタッフになった
安藤歳麻(あんどうとしお)です。

 

小さい頃、
転んで泣くと
お母さんが

「痛いの痛いの飛んでいけっ!?」

といって痛いところを
優しく触れてくれたという
経験がある方も多いと思います。
それだけで、
不思議と痛みが
和らいだ感じがしたと思います。

 

実はこの行為は
ただのおまじないではなく

脳の働きにも
大きく関係している

という事が分かっています。

 

例えば、
転んで膝を
ぶつけたとしましょう。
脳には

〈膝が痛い〉

という信号が送られ
膝に痛みを感じます。

 

その時に
お母さんが膝を触ることで
ぶつけた時とは別に

〈膝を触った〉

という2つ目の信号が
脳に送られます。

 

 

すると脳は

2つの信号を同時に
処理しなくてならなくなり
その対応に追われるため

痛みが分散されて緩和する

という仕組みになっているのです。

 

 

私達は、
これを理論ではなく
経験として知っていて

反射的に痛いところを
触るという行為を

していたのかもしれません。

 

 

この触れるという行為は、
とても大切な事ですね。

 
患者さんに触れる機会が
多い私達は

 

どのように触れる事が
その患者さんにとって
一番治療効果が高いか

を常に考えております。

 

o01200139134939560861

 

 

 

 

 

 

名古屋市北区上飯田北町2-65
やすだ鍼灸接骨院
052-325-5379

トップページ

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket