ブログ
- なぜ足がつるの?② -
12月 2, 2015 5:34 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腱鞘炎と便秘の治療で

口コミの多い

やすだ鍼灸接骨院です
北区だけでなく西区、中村区、春日井市
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

こんにちは
やすだ鍼灸接骨院の安田です

今回は
前回お伝えしていた

 

 

足がつる理由

の続きを書いていきますね
まずは

 

 

足がつる原因

をみていきましょう

つってることの原因が
何らかの病気とは
直接関係がない場合には、
電解質異常
が考えられます

 

 

 

ちょっと聞きなれない言葉ですが
電解質とは、

カルシウム、マグネシウム、
ナトリウム、カリウムなど

血液の中にある
ミネラルイオン
のことなんです。

これらのミネラルは、
筋肉や神経を動かす材料なので
このミネラルバランスが崩れると

 

 

筋肉の異常興奮(痙攣)

 

 

が起こるのではないかと
考えられてます。

 

日常生活では、
発汗や脱水症状などで、
ミネラルバランスは
すぐに乱れてしまいますが

実はこのミネラルは
ポカリスエットなどの
スポーツドリンクに
多く含まれてますので
水で薄めてコップ一杯飲むだけで
かなり補填されます。

 

 

そして
前回の最後にも書きましたが
そしてあまりに
頻繁につる場合は
何らかの病気が
隠れるかもしれないです。

 

それは
糖尿病、脊柱管狭窄症
甲状腺機能低下症
閉塞性動脈硬化症
椎間板ヘルニア、腎疾患
肝硬変、脳梗塞などです。

 

足がつるだけでなく
喉が渇く
手足がしびれ、浮腫み
急な腰痛がでる
片方の手足の麻痺
言葉のもつれ

などが出ていれば
手遅れにならないために
医療機関を受診して下さい。

 

 

では
つったときの対処法ですが

 

 

ふくらはぎがつったときは

膝を伸ばして
足のつま先をゆっくりと
膝の方へそらしていき
ふくらはぎの筋肉を
伸ばしていきます。

収縮して痙攣した
筋肉をゆっくりと
伸ばすことで
痛みが徐々に消えていきます。

 

一気に伸ばそうとすると
筋肉を痛めてしまうので
ゆっくりとふくらはぎを
伸ばすように行ってください。

 

周囲にやってくれる人が
いるならゆっくり伸ばしてもらい

一人で
かつ足のつま先に
手が届かないときには
手ぬぐいかタオルを
足先にかけて
ゆっくりとタオルを
引っ張るとふくらはぎを
伸ばすことができます

 

やってはいけないこと&日ごろの予防策

つっているとき
急に強引に伸ばしたり
勢いをつけてストレッチしたり
強い力でマッサージしたり
しないでください。

無理に行うと筋肉を
傷めてしまうかもしれません。

 

 

 

また足に
コールドスプレーやアイシング等の
冷やす行為は逆効果です。

血流を良くして
沢山ミネラルを送りたいのに
冷やすことは流れを
抑えることになってしまいます

そして
日ごろからの予防策として

 

 

スクワット運動する

足の筋肉量を維持するだけでなく
血流も良くなるので
疲労回復にもなります

1日20回を3セットくらいから
始めるといいと思います。

スクワットの前後には
ストレッチをして
筋肉を柔らかくして下さいね

 

足をもむ

特に運動してない日でも
寝る前に軽く
マッサージすると良いです。

ふくらはぎに手のひらを当てて
下(アキレス腱付近)から
上(膝裏付近)へと軽くもみます
強くしなくても大丈夫です

手を滑らせるように
やさしく揉んで下さい

雑に行うと逆に筋肉を
緊張させてしまうことがあります。

優しくマッサージすることで
血圧を下げる効果もあるんです

 

 

あと
漢方薬の

「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」

は筋肉の異常興奮を
抑えてくれる効果があります

そしてなにより
普段から
つらない身体のコンディションを
保つ為に

 

やすだ鍼灸接骨院を
活用して下さい。

o03200230135008948451

 

 

 

 

 

 

o03000286135008948501

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市北区上飯田北町2-65
やすだ鍼灸接骨院
052-325-5379

トップページ

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket