ブログ
- 昔スポーツをしていた人ほど体に不調がある? -
12月 25, 2016 10:42 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛とスポーツ障害の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 

北区だけでなく天白区、東区、清須市からも
多くの方がお見えになられています。

 

 

 

 

昔スポーツに打ち込んでいた人ほど

筋肉が変化する?

 

中学、高校、はたまた大学まで

何かスポーツに打ち込んでいた方で、

社会人になってから

何かしらの体の不調を感じる方が

たくさんいらっしゃいます。

 

サッカーに打ち込んでいた・・・

野球漬けの日々だった・・・

一年中泳いでいた・・・

 

スポーツの種類は異なっても、

社会人になってからも

学生時代と同じように

体を動かしながら日常生活を送る

というのはとても難しいことです。

 

では、なぜスポーツをやめてから

何年もたった後に体が

不調を訴えるのでしょうか。

 

太い筋肉

 

太い筋肉とは、

筋肉の繊維の断面が広いことで

そのように呼ばれています。

 

 

筋肉は収縮などの

強い負荷がかかることで、

いったん傷がつき、

それを修復するために

太い繊維となり再生されます。

(このサイクルは

鍼治療と同じメカニズムですね!)

 

学生時代に

毎日何かしらのスポーツに

打ち込んでいた方は、

知らず知らずのうちに

太い筋肉を

しなやかに発達させてきました。

 

成長期についた筋肉を、

部活などによって

自然に強化していたのです。

 

これらの太い筋肉を

使わないとどうなるのか。

 

使わなくなったら脂肪になるのか、

というとそうではなく、

筋繊維が痩せ細ります。

 

そして固まります。

 

すなわち、

細くなった繊維が

何層にも絡み合って固まります。

 

 

いままで強い負荷をかけながら

収縮の活動をしていた筋繊維が、

伸びることも縮むこともできなくなり、

しかも消えることもなく

硬いまま

存在し続けます。

 

硬くなった筋肉の周りは、

淀んだ川のように血流も悪くなり、

老廃物や脂肪も

溜まりやすくなります。

 

これがスポーツをしていた方の

不調を引き起こしている

大きな要因となるのです。

 

 

改善方法

まずは

適切なストレッチ

が必要となります。

 

固まってしまったものは

急には柔らかくなりません。

 

 

地道に

日々少しずつ

筋肉の柔らかさを

取り戻す必要があります。

 

 

 

また昔のような激しい運動を急に行うと

凝り固まった筋繊維が収縮できず

負担になってしまうので、

ウォーキングなどの

軽い運動

から始めましょう。

 

マッサージ等で外側から

揉みほぐすことも

改善策のひとつです。

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

 

丁寧なカウンセリングの後、

解剖学に基づいた筋肉への

的確なアプローチができる

施術を行っております。

 

 

ストレッチや運動、

マッサージ等で思うような

効果の得られなかった方。

 

 

長年、体の不調と向き合ってきた方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

 

spo

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket