ブログ
- 祝い箸 -
12月 31, 2016 3:25 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と耳鳴りの治療で口コミの多い

やすだ鍼灸接骨院です。

 

北区だけでなく昭和区、南区、津島市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

前回のブログでは、

 

お節料理について

少し書かせて頂きました。
今回は、その

 

お節料理を食べる

お箸

について、書いてみたいと思います。

 

スタッフの安藤です。

 

 

 

iwaihasi

 

 

 

 

 

 

 

お節料理やお雑煮は、

祝い箸

で食べるしきたりがあります。
祝い箸とは、

箸の両方とも使えるようになっている

お祝い用のお箸です。
一方を年神様、

もう一方を人間用と考え

年神様と共に食事を

することを表しています。

 

祝い箸は、神聖な木とされる

でできています。

ですので、

「家内喜箸(やなぎばし)」

とも呼ばれています。
柳は、丈夫で折れにくいことから

縁起が良いとされています。
祝い箸はさまざまな祝い膳で用いますが、

 

お正月の場合は、

大晦日に家長が

家族それぞれの名前を箸袋に書いて

神棚か鏡餅のところに供え

 

元旦におろして

松の内(または三が日)は

同じ箸を使います。

 

 

今年は、

祝い箸を使用し、

お節料理を食べたいなと思います。

 

 

まもなく新年ですね。

 

皆様、体調管理にはお気を付け下さい。

 

何かございましたら

やすだ鍼灸接骨院まで、ご連絡下さい。

 

 

iwaihasi1

 

 

 

 

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket