ブログ
- 成長期に骨折したら・・・ -
1月 11, 2017 10:50 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と耳鳴りの治療で口コミの多い

やすだ鍼灸接骨院です。

 

北区だけでなく昭和区、南区、津島市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

 

成長期の子供は

骨折しやすい?

 

大人と違い、成長期には

どんどん背が伸びる子供は、

いろいろなケガのリスクが高くなります。

 

 

特に骨折は

なるべくお子さんの身に起きてほしくない

ケガの一つです。

 

 

しかし、成長期に必要な

栄養素が不足していると

骨がもろくなりやすくなったり

さらには運動からの疲労骨折・

アクシデントでのケガが

起きやすい年頃でもあります。

 

 

 

もし、成長期に骨折をしたら

何に気を付ければいいのでしょうか?

 

 

また、大人とどんな違いがあるのかを

説明していきます。

 

小まめに医療機関に通う

 

大人と成長期の子供で最も違うのは

“完治のスピード”

です。

 

個人差ももちろんありますが、

大人よりも生成されるのが早く

治りも一般的に良いと言われてはいますが、

骨が曲がった状態になったり

後遺症

が残ってしまうケースが稀にあります。

 

 

「子供なんだから

簡単に骨は治る」

 

「少しの事なら

放っておいても大丈夫」

 

と安心して自己判断をせず、

専門医に完治したと言われるまでは

必ず通院をするようにしてください。

 

特に

成長期のお子さんは

 

「早く部活に戻りたい」

 

という気持ちから完治を

焦ってしまう方もいるので、

注意してください。

 

 

 

食事のバランスに気を付ける

 

 

成長期の時期に食欲が

増加傾向にあるのは、

成長するのに多くの栄養が

必要になるためですが、

骨折をしている際はより

食生活に気を遣う必要があります。

 

 

 

運動を制限されていても

お腹が空く成長期なら、

つい食事と食事の間に

お菓子に手が伸びてしまい、

用意した食事を食べられないような

悪循環に陥ってしまうと

治りが遅くなる場合があります。

 

カルシウム・タンパク質・ビタミン類を

バランスよく摂取していくことで、

強い骨を作ってくれる元となるので、

意識して摂取するようにしてください。

 

ストレスや

悩みのケアも忘れないで

 

成長期の子供という事は、

同時に思春期でもあるという事です。

 

 

何でも両親に話せる時期とは違い、

一人で悩みを抱え込んでいたり

部活で出遅れてしまった

ストレスなどを抱えているケースもあります。

 

 

 

お子さんの不安要素を

少しでも軽くするためには、

担当医としっかり話をして

自信を取り戻すことも大切です。

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも

成長期に起きる骨折

の相談を行っております。

 

お子様一人一人の成長や

骨折具合に合わせた

ギブスや治療方法なども

用意しておりますので、

 

少しでも悩みを解消したい、

後遺症を残さず早く完治をしたい

 

という方はコチラの詳細をご覧ください。

 

 

kosetu3

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket