ブログ
- 現代人に多い肩こり -
1月 19, 2017 8:54 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
寝違えと便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく東区、名東区、豊田市
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

日本人の肩こりが

良くならない理由は?

 

 

 

人類が進化していく上で二足歩行を始めた事が、

肩こりの要因であると言われていますが、

私達を取り巻く今の環境が便利になり過ぎて、

体を動かす事が段々少なくなってきている事も

要因も1つなのです。

 

 

 

 

また、日本人が欧米人に比べて

「骨格の違い」「筋肉量が少ない」等で、

肩こりが多いと言われていますが、

実は骨格の違いは大きな理由ではありません。

 

 

 

骨格の違いよりも、

日本特有の生活習慣(衣・食・住)文化が

大きく関係していると言われています。

 

 

 

 

冷え性の人が増えたから

 

 

日本人には「冷え性」状態の人が

世界的に見ても多いと言えます。

 

 

 

しかし、日本人は冷えに関して

無関心の人が多くいます。

 

 

 

飲み物一つとっても、

海外では夏でも温かい飲み物を飲み、

身体を冷やさないようにしていますが、

日本人は冬でも冷たい飲み物を

好んで飲んでいたりします。

 

 

 

 

また、ファッションでも

冬でも女性はヒールを履いたり、

薄着をしたりと積極的に

身体を冷やしているのです。

 

 

 

 

慢性的な肩こりは、

筋肉が緊張する事で

血行不良を起こしやすくなりますが、

身体が冷えると血行が悪くなるので、

症状が悪くなるのです。

 

 

 

 

さらに自律神経の一つである、

交感神経が優位になり、

毛細血管、筋肉を収縮・硬直させ

体温を逃がさないように

“コリ・痛み”となってしまいます。

 

 

 

 

 

寒さから首をすくめる・

ポケットに手を入れる等の

首から背中への負担をかける姿勢が、

ますます筋肉を硬くし、

常に体に力が入ったような緊張状態になり、

 

 

そして肩こりとなります。

 

 

 

姿勢が悪い人が多い

 

 

海外の人が日本人を見分ける方法として

「東洋人で姿勢が悪いのは日本人」

と言われているのを知っていますか?

 

 

 

日本人の食生活は

 

・すする

・食器を持つ

 

などの姿勢をする際、

どうしても前かがみになってしまうので

猫背などになりやすいのです。

 

 

 

 

また、普段から床に座る習慣が

あるため食事だけでなく

テレビや本を読む際、

背筋をピンと伸ばす姿勢が難しくなり、

姿勢が悪くなるのです。

 

 

 

 

姿勢の悪さ

は肩こりを

悪化させる一番の原因とも

言われています。

 

 

 

 

どれだけマッサージや湿布を貼ったとしても、

猫背や背中がそったような姿勢では

肩こりは改善されません。

 

 

 

 

 

まずは自分の姿勢が正しいのか

どうかを知る必要があります。

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも

辛い肩こりについての相談や、

正しい姿勢についての

指導を行っております。

 

 

 

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket