ブログ
- 冬のアレルギー②:通年性アレルギー -
1月 28, 2017 8:51 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
ぎっくり腰と腱鞘炎の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 

 

北区だけでなく東区、熱田区、小牧市
からも多くの患者さんが
お見えになられてます。

 

スタッフの安藤です。

 

 

 

前回のブログから引き続き

 

 

冬のアレルギー

について
ご紹介させて頂きます。

 

 
今回は第2回目で

 

通年性アレルギー

についてです。

 

 

 

 

通年性アレルギーの原因は

ハウスダスト

が原因となります。

 

 

 

hausudasut

 

 

 

 

 

 

 

ハウスダストの主なものとして
ダニ、細菌、カビがありますが

 

特に多いのが

ダニ

によるアレルギーです。

 

 

 
冬になると

暖房で窓を閉め切っているので
室内にハウスダストが飛びやすい環境となり

 

 

通年性アレルギーアレルギーの症状を

感じやすい季節なのです。

 

 

 

 

 

症状としては

 

鼻水、花づまり、くしゃみなどがあります。
鼻の調子がイマイチ、

くしゃみが長く続くなどが特徴です。

 

 
前回の①寒暖差アレルギーと
今回の②通年性アレルギーは
症状が似ているため
区別することは困難です。

 

 

 

 

 

 

そこで耳鼻咽喉科で

 

血液検査をうけると

区別が可能になります。

 

 

 

 

やすい鍼灸接骨院では

血液検査は不可能ですが

 

患者さんの体の不調について

 

患者さんと一緒に考える事が出来ます。

 

 

 

そこから
最善の治療について導く事が出来ます。
何かありましたら

ご相談下さい。

 

 

housedasut1
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket