ブログ
- 内臓の病気からくる腰の痛み -
2月 9, 2017 12:20 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
スポーツ外傷と交通事故治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく熱田区、中川区、清須市
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

腰痛を引き起こす原因に

内臓系の病気

が関係していることがあります

 

 

 

筋肉疲労や、ひねった、

重いものを持ったなど思い当たる事があれば、

それについて対処していけますが、

思い当たるふしがないのに腰痛が出ることがあり、

このような時はどうしたら良いのか

わからなくて困りますよね。

 

 

 

 

このような腰痛の原因のひとつに、

内臓の病気が関係していることがあります。

 

 

 

お腹の中には

 

胃・十二指腸・小腸・大腸・

膵臓・肝臓・腎臓などの

大事な臓器があります。

 

 

 

 

女性ですと、

これに子宮が加わりますよね。

 

 

これらの臓器が病気などで肥大したり

固くなってしまって腰部周りの血行が悪くなり、

圧迫されて腰の痛みが出ることがあるのです。

 

 

 

内臓の病気には、

がんなど命にかかわるものもあるため、

腰痛の原因がわからない場合は、

病院を受診し、

 

早期発見、早期治療に

つなげることが大切です。

 

 

 

 

気になる腰の症状と

考えられる内臓の病気

 

 

例えば十二指腸や膵臓、

腎臓に病気があると、

腰に痛みが出ることがあります。

 

また、背中が痛いということもあるようです。

 

 

 

では、考えられる病気には

どんなものがあるでしょうか。

 

 

 

【十二指腸潰瘍】

空腹時にみぞおちから背中の右下の方が

差し込むように痛くなるので、

右腰が痛いと感じたりします。

 

 

 

 

【尿路結石】

片側の腰部あたりが、

じっとしていても、どんな体勢になろうとも、

のたうち回るほどの

強い痛みの激痛にみまわれます。

 

 

 

【腎盂腎炎】

一番の特徴は、

痛みとともに高熱もでることです。

背中の右下部や左下部が

痛むので腰部も痛いと感じます。

 

 

 

【膵炎・膵臓がん】

みぞおちや右下部の背中などが痛みます。

そのため腰部にも痛みを感じるのですが、

膵臓がんは大変みつけにくい病気です。

 

腰の痛みが教えてくれることもあるので

早めに受診することが大切です。

 

 

 

 

【子宮がん・

子宮内膜症など】

下腹部全体から腰にかけて、

広範囲にわたって痛みが出ます。

 

 

 

【便秘】

便秘により、

老廃物やガスなどが溜まって大腸が肥大し、

そのため腰が圧迫されて腰痛が起こります。

 

 

 

 

腰の痛みは

原因がいろいろ

 

 

以上お伝えしてきたように、

一口に腰の痛みと言っても、

原因はさまざまです。

 

 

 

 

必ずしも、体の筋肉や神経・骨が

原因であるとは限らないのです。

 

 

 

痛みの原因によっては、

内科での治療が必要であったり、

すぐにでも外科手術が

必要な場合もあります。

 

 

 

また、ここ最近では、

ストレスによる腰痛

というものも増えてきているので、

安易に自己判断で決めつけず、

医師の診察を受けることが大事です。

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも、

筋肉や骨をはじめストレスを原因とする

腰痛についての相談も行っております。

 

 

 

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

 

haraita

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket