ブログ
- 野球肘の原因~治療法まで -
2月 13, 2017 12:28 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩と便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です

北区だけでなく昭和区、千種区、東海市
からも多くの方が
おみえになられてます。

 

 

 

野球肘

って聞いたことありますか?

 

 

その名の通り、野球などのスポーツで、

投球を繰り返し、肘を

酷使することによって起こります。

 

 

 

投球の時に、激しい痛みを覚え、

肘が曲げられない、

伸ばせないなどの

運動障害を引き起こします。

 

 

 

 

肘が曲げられない、

伸ばせない状態なので、

日常生活にも支障を

きたしてしまいます。

 

 

 

有名なプロ野球選手の何人もがなったことで、

随分名前が知られるようにはなりましたが、

重症化する前に、

必要なケアをすることが大事です。

 

 

重症化すれば、

肘を手術しなければならないからです。

 

 

 

 

子供の野球肘

 

大人の肘と子供の肘の違いは、

子供には未成熟な成長軟骨部分があり、

レントゲン写真を撮ってみると

 

「骨端線」

という部分が

あるのがわかります。

 

 

 

この軟骨部分は、

やわらかな組織なので、

投球時にストレスが

かかると離れたり、

軟骨が剥がれたりして

しまうことがあります。

 

 

 

 

野球肘の種類

 

野球肘にも肘のどの部分が痛むかで

3つに分類されます。

 

 

 

小学生・中学生に多い、肘の内側が痛む

「内側型」

 

高校生に多く、肘の外側が痛む

「外側型」

 

高校生や大学生に多い、肘の裏側が痛む

「後方型」

 

などがあります。

 

 

 

 

肘が痛くなったら

 

肘が痛む時は、

スポーツは少し休んでください。

 

 

無理すると、

炎症がますます悪化して痛くなったり、

軟骨のところが部分的に

はがれたりしてしまいます。

 

 

肘が痛む時は、

スポーツを一時中断して、

まずアイシングでしっかり冷やします。

 

 

炎症を抑えて痛みをやわらげるためです。

 

 

 

 

野球肘はどうしてなるの?

 

野球肘は、

硬くなった筋肉によって

起きると考えられます。

 

 

 

硬くなっているのは、

肩や上腕二頭筋から

指先まで関係しています。

 

 

人によって、フォームも違い、

硬くなっている筋肉の場所も違いますが、

野球肘の原因は、やはり筋肉の

使い過ぎによる緊張状態から

筋肉が固くなってしまうことにあります。

 

 

 

 

野球肘の治療

 

なった人によって野球肘の病態も違います。

 

 

まずレントゲン写真で

骨の状態を確認しなければなりません。

 

 

 

剥離骨折をしていないか

などを確認するためです。

 

 

骨の状態が分かったら、

原因・遠因となる筋肉の

炎症と緊張状態をやわらげ、

筋肉をやわらかくしていきます。

 

 

 

硬くなった筋肉のまま練習を続けると

筋肉はますます硬化し、

状態はもっとひどくなってしまいます。

 

 

練習で疲労して硬くなった筋肉は、

まめにその都度、

やわらかくしておくことが重要です。

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも

 

こういった肘についての

相談も行っております。

 

 

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

 

yakyuuhizi

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket