ブログ
- 風邪のようで実は違う、妊娠性鼻炎 -
3月 16, 2017 4:16 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と低体温症の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 

北区だけでなく東区、中区、一宮市
からも多くの患者さんが
おみえになられています。

 

 

 

 

 

 

妊娠初期の風邪のような症状

 

 

 

皆さんは妊娠性鼻炎を

ご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

妊娠初期になんとなく体がだるく、

例年の花粉症の時期でもないのに

 

 

鼻水や鼻づまりに悩まされ、

 

おかしなと思っていたら

 

妊娠していたということは

ありませんでしたか?

 

 

 

 

 

 

妊娠と鼻炎と聞くと

一見何の関係もないように

思われがちなのですが、

 

実はホルモンバランスに

左右される鼻炎というものが存在しています。

 

 

 

 

 

妊娠時のホルモンバランスは

通常とは比べものにならないほど

急激に変化するので、

 

性格や味覚、

体質が変わるのと同じように

アレルギー反応にも変化があります。

 

 

 

 

 

 

体内で、

本来であれば反応しない

 

ハウスダストや花粉などに

過敏に反応してしまうという現象が

起こっているのです。

 

 

 

 

 

ホルモンバランスとは

 

 

 

女性ホルモンの中で

妊娠中に特にバランスが乱れがちなのは、

 

卵胞ホルモンと

黄体ホルモンです。

 

 

 

ここでホルモンとは

何かというイメージをわかりやすく解説したいのですか、

 

簡単に言うと

体に指令を出すお手紙を思い浮かべてください。

 

 

 

 

このお手紙が体の色々な場所に届けられ、

その指令のもとに活動したり休んだりしています。

 

 

 

 

これらのホルモンという名の

お手紙が全然届けられなかったり

過剰に届き過ぎてしまうと、

 

その指令に逆らえず

機能が休んだままになったり

働き過ぎて疲れてしまったりするのです。

 

 

 

この状態をホルモンバランスが

乱れている状態と呼びます。

 

 

 

 

ホルモンバランスが乱れると、

緊張とリラックスを司っている

 

自律神経が乱れて

 

免疫力が低下しがちになります。

 

 

 

 

 

 

 

免疫力の低下も

花粉症やアレルギー性鼻炎の原因の一つとも言われていて、

 

 

妊娠性鼻炎に繋がる要因であると

考えることができるのです。

 

 

 

 

 

ホルモンバランスを整える

 

 

 

身体には女性ホルモンと強い関わりのある

ツボが存在しています。

 

 

 

 

このツボを温めたり刺激したりすることで、

ホルモンバランスを整える効果を

期待できることがわかってきました。

 

 

 

 

妊娠中は

骨盤の歪みなどを矯正することは難しいのですが、

 

骨盤の中の血流や、

 

卵巣・子宮への血流を改善することは可能です。

 

 

 

 

ホルモンバランスが乱れている多くの場合、

マッサージなどでは手の届かない所が冷えていて

 

血流が滞っていることが多いのです。

 

 

 

 

 

そこで根本的なアプローチが

可能となる鍼灸が注目されています。

 

 

 

 

妊娠後のアレルギー性鼻炎の他にも、

 

つわりや不眠、

 

情緒不安定など

 

ホルモンバランスを整えることで

改善につながるケースもあります。

 

 

 

 

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

 

 

bien

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket