ブログ
- むちうち症による首の痛み -
3月 30, 2017 11:10 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と耳鳴りの治療で口コミの多い

やすだ鍼灸接骨院です。

 

北区だけでなく昭和区、南区、津島市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

むちうち症ってなに?

 

 

 

交通事故でなるというイメージのむちうち症。

 

 

 

 

そもそも、「むちうち症」とは、

何でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

よく聞く事例のひとつとしては、

 

「交通事故後、時間を経過して現れることもある首の痛み」

というのがあります。

 

 

 

 

 

 

 

この、一般的に言われている

「むちうち症」の正式な名称は、

 

 

 

「外傷性頚椎捻挫」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事故などの影響で、

外的要因から

 

 

「頚椎を捻挫した状態」になり、

 

首やその周辺に痛みが現れる症状のことを、

 

 

「むちうち症」と呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むちうち症の原因と症状の特徴

 

 

 

むち打ち症の原因は、

さきほど述べたように、

自動車事故(追突など)によるものが

 

 

件数の報告としては最も多いのですが、

 

それ以外にも、

労働災害や、

スポーツ障害などの事例も報告されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

症状の特徴としては、

 

なった事故の性質や程度により、

違いがあると思われますが、

事故に遭ったその日にすぐ症状が現れるとは

限らないことが多いということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ、

事故に遭ったその日すぐにではなく、

2~3日後、長い場合には2週間位経ってから、

症状が現れることが多いという特徴があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状は、

首や肩の付近のハリや痛み、

乗り物酔いのような気持ち悪さ、

吐き気、しびれ、めまい、頭痛、耳鳴りなど、

多岐にわたります。

 

 

 

 

 

 

 

 

症状は、

その日その日によって出方も違い、

寒い日や雨の日などに

特に具合が悪くなるなどの報告もあります。

 

 

 

 

 

 

 

症状が、

事故から日にちをおいて

後から現れる理由としては、

 

アドレナリンの分泌が

関係していると考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

事故直後は、

事故時の衝撃のショックや事

故の処理や手続きなどに追われ、

 

気持ちが張り詰めている為、

興奮状態にあり、

 

 

 

そのためアドレナリンが分泌されていて、

痛みを感じにくくなっていると考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

むちうち症の治療

 

 

 

「むちうち症」の患者数は、

増加していますが、

 

その治療については、

なかなかすぐに治せるような治療方法はなく、

 

 

 

一般的に「むちうち症は治りにくい」

というイメージを持つ人も多くいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その治療方法はいろいろとあり、

理学療法など整形外科で治す方法と、

接骨院等での施術で治していく方法などがあります。

 

 

 

 

 

 

 

理学療法や投薬などで

長期間加療しても状態が良くならない場合は、

 

 

 

特に、長期間の薬の服用は

肝臓に負担をかける恐れもあり、

むちうち症の治療で、

内臓に負担をかけるのでは

本当の意味での治療にはなりませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

そのような場合の治療の選択肢として、

接骨院での施術が挙げられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

各種首のコリや痛み、

むちうち症の首の痛みなどについての

相談も行っております。

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

mutiutisyou

 

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket