ブログ
- 花粉所の症状と風邪症状の違い -
4月 1, 2017 11:23 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩と便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です

北区だけでなく昭和区、千種区、東海市
からも多くの方が
おみえになられてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症のメカニズム

 

 

 

私達の体には、

外部から侵入した異物を

排除しようとする働きが備わっています。

 

 

 

 

 

 

花粉症の症状として、

鼻水・くしゃみ・目のかゆみなどがあります。

 

 

 

 

 

 

 

花粉が体に入り、

アレルゲンが鼻や目の粘膜に付着すると、

それを排除するためにIgE抗体という物質が

体内で作られます。

 

 

 

 

 

 

このIgE抗体が活性化することで

ヒスタミンやロイコトリエンといった化学物質が分泌され、

鼻や目の粘膜や神経を刺激することから、

花粉症の症状が引き起こされるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つらい花粉症の症状と風邪の症状の違い

 

 

風邪のくしゃみは、数回でおさまり、

その後、熱が出たりするものですが、

花粉症のくしゃみは、体がアレルゲンとして反応する為、

花粉を体から排除しようとして止まらなくなります。

 

 

 

 

花粉症のくしゃみは、

延々と続くので、つらい症状のひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

花粉症の鼻水は、

風邪の鼻水と違って、水のようにサラサラです。

 

 

 

 

 

 

やはり、花粉を排除しようとするので、

かんでもかんでもタラーっと垂れてくるのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、鼻水とは逆に、

鼻づまりを起こす場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

やはり、風邪と違うのは、

花粉が飛んでいる間じゅう、

長い間、症状が続くことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の症状としては、

やはり花粉の付着によって目の血管が充血して赤くなったり、

かゆくなったりします。

 

 

 

 

 

 

風邪で目にかゆみが出ることはないため、

これも大きな特徴のひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

意外かもしれませんが、

花粉症の症状のひとつに、

喉の痛みがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症が原因の喉の痛みは、

鼻が詰まることで口呼吸をすることが多くなってしまい、

喉が乾燥して渇いて痛むものです。

 

 

 

 

 

 

 

喉の乾燥を防ぐため、

加湿器などで対策を行うと良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

他には、風邪と同じように、

咳・たんの症状があります。

 

 

 

 

 

 

鼻水をすすることで

花粉が喉の奥に運ばれて痰をつくります。

 

 

 

花粉症の咳は、長引きますので、

咳喘息への移行などへの注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉情報をキャッチする

 

全国に対応していて、

安心の環境省の花粉観測サイトがあります。

 

 

 

 

 

シーズン本番前からデーターを提供してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

観測地点から自動配信されていて、

携帯サイトから確認すれば、

ほぼリアルタイムに近い情報を得られます。

 

 

 

 

 

 

 

また、医師が監修する、

花粉症で苦しむ人のためのサイトなどもあります。

 

 

 

 

自分がまず花粉症なのかどうかわからない人や、

症状を軽くしたい人など、

花粉症に悩む人の味方になってくれるお助けサイトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症かなと思ったら

一度、これらのサイトで症状を調べてみてください。

 

 

 

また、やすだ鍼灸接骨院では、

花粉症の方の症状のお悩みも伺っております。

 

 

 

 

 

 

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

kafunnn

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket