ブログ
- 便秘と頭痛・肩こり -
4月 19, 2017 6:30 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分

腰痛と耳鳴りの治療が得意なやすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく昭和区、南区からも
多くの患者さんがおみえになられています。

 

 

 

 

 

その頭痛・肩こり、

便秘から来ているかも?

 

 

 

 

 

世の中の多くの人が悩まされている頭痛・肩こり。

 

 

 

その症状が引き起こされる原因も多種多様です。

 

 

 

 

いろいろな視点からその原因を探ってみないと、

本当の原因にたどり着きません。

 

 

 

 

本当の原因とは違う原因にフォーカスして、

治そうと試みてもなかなかうまく行きませんよね。

 

 

 

 

とかく、コリの原因は

周辺の筋肉の緊張と

考えてしまいがちですが、

 

 

 

実は遠く離れた場所の不調が、

まわりまわって違う場所に現れる

こともあるのです。

 

 

 

 

一見、身体の遠い場所である腸が原因で

 

頭痛・肩こりが起こるなんて、

 

にわかには信じ難いかもしれませんが、

実際に関連があることは知られています。

 

 

 

 

 

 

 

正常な排便と便秘の違い

 

 

便秘には、

明確な定義というものはありませんが、

 

正常な排便は、

1日1回以上のスムーズな排便があり、

 

 

排便後はスッキリとするという状態をいいますから、

そうでなければ便秘の状態と言えます。

 

 

 

1週間の排便回数がそこそこあっても、

1回の排便に苦労し

 

相当な時間がかかるようだと

やはりそれも便秘の状態と言わざるをえません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便秘が続くと影響がでる健康状態と頭痛・肩こり

 

 

 

 

 

便秘の程度も人それぞれですが、

5日以上も排便がないなど

便秘の状態が続いて常態化してしまっている人は

 

要注意です。

 

 

 

 

 

便が排泄されないで長い間

腸の中に滞留しているわけですから、

 

老廃物が悪玉菌で腐敗し、

毒物を産生します。

 

 

 

 

 

その毒物は、

腸管壁から吸収されて血流に入り、

身体の隅々まで運ばれます。

 

 

 

腸内細菌から作られた毒素は、

肝臓にも入り込み、

マウスの実験ではなんと

肝臓がんを引き起こしているのです。

 

 

 

 

 

 

 

こうなると、

たかが便秘と

たかをくくっていられませんよね。

 

 

 

 

 

もっと身近な体の不調としては、

便秘になると、

腸のぜん動運動があまり行われていないため、

基礎代謝が低くなります。

 

 

 

 

 

 

その結果、

血行不良になり冷え性になったり、

 

新陳代謝が落ち、

肌荒れが起こりやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

この老廃物が血管に吸収されるせいで、

疲れやすくなったり、

頭痛・肩こりなどの不調となって

現れることがあるのです。

 

 

 

 

 

便秘の解消に効くツボがある?

 

 

 

 

食物繊維をしっかり摂るなど食事に気をつけたり、

毎日運動したり、

適度に水分も摂って、

自分で考えられるだけの努力をしても、

それでも便秘は解消しないこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

そんな時に、便秘に効く「ツボ」

というのがあるのを知っていますか?

 

 

 

 

 

腰骨の付近に2つ

「大腸愈(だいちょうゆ)」と「小腸愈(しょうちょうゆ)」と、

 

 

 

足の膝下にあるくぼみの「足三里(あしさんり)」、

 

手のツボ「支溝(しこう)」、「合谷(ごうこく)」

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

これらの「ツボ」の刺激で、

便秘解消の少しでも役に立てば嬉しいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも

便秘からくる頭痛・肩こりについての相談も行っております。

 

 

 

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

 

 

benpi

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket