ブログ
- 冬の乾燥① -
4月 22, 2017 6:06 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
寝違えと便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく東区、名東区、豊田市
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

 

 

スタッフの安藤です。

 

 

冬の乾燥シーズンが終わったのに

肌の乾燥が治まらない、、、
そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

 

 

 

空気が冷たくて乾燥していた冬が終わり、

暖かさが出てくる「春」。

 

 

肌の乾燥の季節というと冬のイメージがありますが、

実は春も乾燥しやすい季節なのです。

 

春の乾燥についてブログをアップしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

kansou

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も乾燥肌なのですが、

「春になったのに肌の乾燥が中々改善しないなぁ・・・」

と悩んでいました。

 

 

 

 

 

当時はたまたま乾燥しているのかと思っていましたが、

実は春に肌が乾燥するのは、

春特有の季節的な原因

のためなのです。

 

 

 

 

春は出会いの季節!

気分も心機一転明るく迎えるためにも

綺麗な肌で過ごしたいですよね。

 

 

 

 

肌が乾燥してしまっていては、

お化粧ののりも悪くて気分も下がってしまいます。

 

 

 

 

そこで今回は春の肌の乾燥の原因と、

その対策についてご紹介します。

 

 

 

 

 

春に肌が乾燥してしまうのには、

主に3つの気候から来る原因があります。

 

 

 

 

 

 

【原因①:湿度が低い】
気温が暖かくなってくると

乾燥しているイメージは受けないと思いますが、

実は春の湿度って低いんですよ。

 

冬よりも湿度が低い地域もちらほら・・・

 

 

 

地域によって多少差はありますが、

冬である12~2月と比べて、

 

 

春である3~5月は湿度が低い

もしくは同程度のところが多いのです。

 

 

 

 

5月頃になると夏に向けて湿度が上がっていきますが、

湿度は冬からいきなり高くなるわけではない

ということがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

【原因②:昼夜の気温差が大きい】
二つ目の理由として昼夜の気温差があります。

 

 

 

 

春は暖かいイメージがありますが、

 

日中は暖かいのに

夜は急に寒いという気候の変わり目の時期でもあります。

 

 

 

 

気温の差が激しいと

 

肌の油分と水分のバランスを崩しやすくなります。

 

 

 

 

 

そのため、肌が気温に適応できなくなり、

乾燥しやすくなってしまうのです。

 

 

 

 

 
【原因③:紫外線量の上昇】
春の強い紫外線も乾燥の原因の一つです。

 

紫外線は様々な肌トラブルを引き起こすお肌の敵!

 

 

 

 

春は紫外線が日に日に強くなってくる時期で、

肌のバリア機能を弱めてしまうことがあります。

 

 

 

そうすると、肌が刺激を感じやすくなり、

ガードの役目をしている皮脂が減って

乾燥肌になりやすくなってしまうのです。

 

 

 

 

kansou1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

お体の不調がありましたら

 

何でもご相談して下さい。

 

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket