ブログ
- 花粉症対策の食事 -
5月 4, 2017 6:40 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
冷え症とつき指の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 

北区だけでなく緑区、中村区、大府市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

 

 

 

 

 

食事で花粉症対策

 

 

 

毎日の天気予報で出る花粉の量予想は、

気になる人も多いのではでいでしょうか。

 

 

 

花粉症は誰でもなりうる症状です。

 

 

 

 

 

 

去年まで何ともなかった人が

突然発症する場合もあります。

 

 

 

 

人間にはあらかじめ異物を

アレルギー物質として認識して対抗するまでに、

 

許容量というのがあるのですが、

これはよくコップの水に例えられます。

 

 

 

 

コップの水がアレルギー物質で、

これがコップ一杯になるまでは

何ともなく過ごせるのですが、

 

 

コップ一杯を超えあふれ出すようになると

アレルギー症状が出て来るという理屈です。

 

 

 

 

 

なるべくならアレルギー物質と認識しないで

少しでも長く生活したいものですよね。

 

 

アレルギー症状の大変さは、

周囲の既に花粉症の人が実証しています。

 

 

 

 

そんな中、

花粉症の研究の中で自分でも試せる食事で、

 

ある程度防御できないかという動きがでてきています。

 

 

 

 

花粉症になってから、

 

病院に通って効く薬をとっかえひっかえ試したり、

漢方で気長に待つのも心許ないというので、

できれば花粉症になる前から、

 

 

 

 

食事に気をつけて

花粉症対策になる食事をしようかと

考える人も増えたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症対策になると言われている食品

 

 

では、

 

どのような食品が

 

花粉症対策になると言われているのでしょうか?

 

 

 

 

 

花粉症になる前でもなった後でも、

効果があるとよく紹介されているのがヨーグルトです。

 

 

 

 

 

ではなぜヨーグルトが

花粉症対策に良いとされているのでしょうか?

 

 

 

それは、腸内の善玉菌を増やし、

腸内環境を整えてくれるからです。

 

 

 

腸内環境が整うことで、

免疫力もアップするので良いとされているのです。

 

 

 

 

 

他にも注目されている食品がありますので

ヨーグルトも含めて列挙してご紹介しますね。

 

 

 

 

 

○ヨーグルト

 

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が

腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整え、

 

免疫力をアップさせる働きがあり

それが花粉症に良い理由と言われています。

 

 

 

 

 

○レンコン

 

タンニンという成分に抗炎症作用があり、

鼻や胃腸の粘膜を保護してくれるのと、

 

フラボノイドの抗アレルギー作用が

 

花粉症を抑える働きがあるのではと言われています。

 

 

 

 

○トマトジュースや

トマトの缶詰などのトマトの加工品

 

 

トマトに含まれるリコピンが

花粉症の症状緩和に期待されているのですが、

 

 

最近では「ナリンゲニンカルコン」という成分に

注目が集まっています。

 

 

生のトマトには含まれていないので、

食事には缶詰などの加工品を使うと良いでしょう。

 

 

 

 

 

○梅

 

花粉症の原因でもあるヒスタミン。

 

このヒスタミンが体内に放出されて、

くしゃみや目のかゆみなどの花粉症の症状がでます。

 

 

市販薬で抗ヒスタミン剤という薬を

見かけた人もあるのではないかと思いますが、

 

実は梅にも同様の効果があることがわかってきています。

 

 

 

 

 

 

 

以上にあげた例は薬ではなく食品なので、

副作用などの心配がないため、

 

既に花粉症の人は花粉症の改善の為、

 

まだ花粉症になっていない人は

予防の為に一度試してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

kafun

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも

花粉症対策についての相談も行っております。

 

 

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket