ブログ
- 肩こりは揉んでも治らない?! -
5月 28, 2017 3:48 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩と便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です

北区だけでなく昭和区、千種区、東海市
からも多くの方が
おみえになられてます。

 

 

 

 

 

肩を揉む効果は1時間程度しか続かない

 

 

 

 

デスクワークや、

 

 

家事、農作業や細かいものを作る仕事など、

 

常に肩がこっているという方は

 

たくさんいらっしゃると思います。

 

 

 

 

対処法としては、

 

 

 

まず肩のカチカチに固まっているところを

 

 

自分で揉みほぐしているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

実はこの自分で肩揉みをするという方法は、

 

 

 

肩こり解消方法として長時間の効果は期待できません。

 

 

 

 

なぜなら肩こりは、

 

その一部分だけに原因があるのではなく、

 

 

 

 

 

背中や肩甲骨から首にかけての僧帽筋という

 

 

大きな筋肉の末端が様々な理由で

 

炎症を起こしているからなのです。

 

 

 

 

 

今回は、

 

 

効果的な肩こり解消方法についてお話していきます。

 

 

 

 

 

効果的な肩こり解消方法

 

 

 

①温める

肩こりを起こしている場所は、

 

血流が滞り様々な老廃物が

停滞している場所です。

 

 

 

 

まずは血流を良くすることにより、

 

その後のストレッチやマッサージの効果を

高める必要があります。

 

 

 

一番良いのは湯船に首まで

 

 

ゆっくり浸かることですが、

 

 

忙しくてなかなかゆっくり入浴している時間のない方は、

 

 

シャワーを首や肩に当てるだけでも温浴効果があります。

 

 

 

 

 

 

また、体調によっては

 

温めた蒸しタオルを

肩に乗せるだけでも効果的です。

 

 

 

 

 

②端からほぐす

 

 

 

肩がこっている場所だけに刺激を送っても、

 

 

淀んだ水をかき回しているのと同じことです。

 

 

 

 

 

まずは指先のグーパー運動から始め、

 

 

 

腕にある手三里(ヒジから指4本分のところにある肩こりのツボ)を刺激していきます。

 

 

 

 

その後、脇の下に通っているリンパを意識して揉みほぐします。

 

 

 

そして、僧帽筋の末端に位置している

 

鎖骨の周りをつまむようにマッサージしていきます。

 

 

 

 

 

 

③肩を回す

 

 

カチカチにこっている部分を

揉みほぐしたいところですが、

 

 

手の指先を肩に付けた状態で、

 

 

 

前回しと後ろ回しをしていきます。

 

 

 

デスクワークの途中に肩を回すだけでも、

 

 

自分で肩揉みをするより効果が持続しますので、

 

 

毎日続けてみましょう。

 

 

 

 

 

④首の付け根をほぐす

 

 

 

肩こりの延長線には首のこりがあります。

 

首がこっていると片頭痛や不眠などの症状が

出ることもありますので、

 

 

肩の血流と一緒に首まで流しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

⑤姿勢を正す

 

 

肩こりの主な原因は、

 

 

猫背など体に無理のある姿勢から

 

来ていることがほとんどです。

 

 

 

 

正しい姿勢を維持することが、

 

 

肩のこりにくい体質を手に入れることに繋がります。

 

 

 

kubiita

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

 

 

全身の骨格を整えながら、

 

 

筋肉や靭帯、腱などに直接アプローチする

 

施術を行っております。

 

 

 

自分ではなかなかケアできない骨格のお悩みなど、

 

患者さんお一人おひとりに合わせた内容で

施術を進めていきます。

 

 

 

 

気になる症状のある方は

 

 

是非コチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket