ブログ
- タンパク質不足による肩こり -
6月 6, 2017 4:05 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
寝違えと便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく東区、名東区、豊田市
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

 

 

タンパク質、ちゃんと足りている?

 

 

 

 

 

現在、

 

 

ダイエット中の女性を中心に

タンパク質不足が問題視されています。

 

 

 

 

 

タンパク質は私たちの体を作るのに欠かせない栄養素で、

肌や髪、爪、筋肉などを生成するのに重要となります。

 

 

 

 

 

そこで注目をしたいのが

「タンパク質不足による肩こり」です。

 

 

 

 

 

 

実は、タンパク質不足は肩こりを引き起こす

原因の1つだと言われているのです。

 

 

 

 

では、どうして肩こりと

タンパク質が関係しているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

タンパク質が疲労回復に

 

 

私たちは睡眠によって疲労を回復しています。

 

 

それは肩こりも同様で、

 

 

睡眠によって十分な回復が出来なければ

炎症を起こして痛みが出てしまうのです。

 

 

 

 

 

 

質のいい睡眠で大切なのは

睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンです。

 

 

 

このメラトニンはタンパク質を原料としているので、

不足している人はメラトニンの生成が少なくなります。

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

タンパク質が足りない=睡眠の質が悪く常に疲れている

 

 

 

 

 

状態となるので、肩こりが起きてしまうのです。

 

 

 

 

 

また、タンパク質が不足していると体内で補おうと

「筋肉を分解」してタンパク質を作りだしています。

 

 

 

つまり体の筋肉量が落ちて代謝が下がってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

肩こりと代謝は大きく関係しており、

 

 

代謝が悪い方はより肩こりを

悪化させやすいと言われています。

 

 

 

 

 

 

良質なタンパク質を摂取するために

 

 

 

 

毎日の生活でタンパク質を意識して

摂取するのは肩こりだけでなく、

 

 

 

体全体にいい影響を与えると言えます。

 

 

 

では、どんな食材に

多くタンパク質が含まれているのでしょうか?

 

 

 

 

 

・大豆製品

・赤身の肉

・チーズ

 

などが挙げられます。

 

 

 

しかし、1日の必要摂取量を食事だけで

補うと多くの人が「カロリーオーバー」をしてしまうため、

 

体重が増加する危険性もあります。

 

 

 

 

 

 

その際に役に立つのが

サプリメントやプロテインです。

 

 

 

 

 

特にプロテインは筋肉増量の為に飲むイメージがありますが、

実は普段のタンパク質不足解消にも役立ってくれます。

 

 

 

 

 

しかし、中には「運動をしないでプロテインを飲むと太る」と

間違ったイメージを持っている人もいますが

 

 

 

実は食事でタンパク質を補うよりも、

 

プロテインで摂取したほうが

 

 

カロリーは低いので太る直接的な原因には

なりにくいと言われています。

 

 

 

 

kata

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

 

 

慢性的な肩こりをはじめ、

 

 

体の様々な痛みや不調を整える施術を行っております。

 

 

 

また、ただ痛みを取り除くだけでなく

全身のバランスを見ながらの施術となるので、

 

 

原因を取り除くことも可能です。

 

 

 

 

気になる症状のある方は

是非コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket