ブログ
- 花粉症とインフルエンザ -
6月 8, 2017 4:07 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩と膝痛の治療で

口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 

 

北区だけでなく港区、千種区、尾張旭市
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

 

 

 

 

年中無休の花粉症と

季節外れのインフルエンザ

 

 

 

 

 

今年は春になっても

 

インフルエンザの蔓延が止まらず、

 

 

 

例年以上にインフルエンザのニュースを

多く見かけた年だったのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

皆さんの周りではいかがでしたか?

 

 

 

 

 

インフルエンザ、

 

 

寒くなる前に毎年子供だけでなく

大人も予防接種を受ける方も多いですよね。

 

 

 

 

インフルエンザの予防接種を受けたのに

 

春先に拾ってしまったとしたら、

 

 

ワクチンの効果が切れたからなのだそうです。

 

 

 

 

結局、体力をつけて免疫力を高めるのが

一番なのかもしれませんね!

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

春にインフルエンザにかかることで

 

毎年花粉症に悩まされていた方は、

 

 

その症状がどちらに原因のある症状なのか

最初はわかりにくいという現象が起きるようです。

 

 

 

 

 

インフルエンザでもその型によっては

高熱にならない場合もあり、

 

 

 

鼻水が止まらないなどの風邪の

初期症状に似た状態だと

自分では判断がつきかねることもあります。

 

 

 

 

 

花粉症とインフルエンザの違い

 

 

 

 

 

花粉症でも発熱する方がいるので、

 

 

発熱時の体温だけでインフルエンザと

見分けるのは難しいかもしれませんが、

 

 

 

体の節々が痛い・だるいといった症状がある場合は

インフルエンザの可能性が高いですね。

 

 

 

ウイルスが体内で戦う時に炎症熱を起こすためです。

 

 

 

 

 

 

他にも、喉の痛みや重い咳などの症状が出た場合は、

念のため検査しておくことで蔓延を防ぐことに繋がるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

花粉症は口や鼻の粘膜が弱っているために

過剰にアレルギー反応を起こしてしまいます。

 

 

 

この時に体は免疫力が低下しているために

ウイルスを拾いやすい状態になってしまうのです。

 

 

 

 

インフルエンザの患者さんが近くにいても

感染しなかったという方は、

 

 

 

鼻や口のフィルターが強靭に作用しており

免疫力も向上している状態だったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

免疫力を高める

 

 

 

鍼灸や整体でも免疫力を高める施術

を行うことが可能です。

 

 

 

 

体には関所のような場所が数多くあり、

 

それらを血液やリンパ、

気などが十分に行き交っている時、

人間の体は活気の溢れる免疫力の高い状態となります。

 

 

 

 

 

体温を上げる食事を心がけたり、

 

 

生活習慣に気をつけたりすることでも高めることはできますし、

 

骨格を整えることでも効果を期待できます。

 

 

kandansa1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

 

 

全身の骨格を整えながら筋肉や靭帯、

 

腱などに直接アプローチする鍼灸により

 

免疫力を高める施術を行っております。

 

 

 

 

 

年々花粉症が悪化する、

 

 

風邪を引きやすいなど気になる症状のある方は、

 

 

是非コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket