ブログ
- 肩こりと鎖骨 -
6月 10, 2017 10:54 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腱鞘炎と便秘の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です

 

北区だけでなく西区、東区、北名古屋市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

 

肩こりと鎖骨のこり

 

 

 

 

鎖骨と聞くとなんとなく、

 

女性のデコルテという印象があり、

 

 

美容に意識の高い方に関係があると

思われて普段は注目されていない

場所なのではないでしょうか。

 

 

 

 

この鎖骨、

実は多くの皆さんのお悩み上位に入る

 

肩こりととっても深い関係にあるのです。

 

 

 

 

肩こりがつらくて、

 

首の後ろや肩をマッサージしてもなかなか解消されない

という方も多いかと思いますが、

 

 

鎖骨の周りはマッサージしていますか?

 

 

 

 

 

 

試しに鎖骨の溝と、

 

 

鎖骨に沿った下の部分をほぐしてみてください。

 

 

 

 

 

肩の周りの血行が良くなって

温かくなるのを実感していただけるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

鎖骨の役割

 

 

 

鎖骨の役割は主に

 

腕を体に繋ぎ止める役割です。

 

 

 

 

この腕を繋ぎ止める役割を果たすために、

肩甲骨の端に連なり

体の左右を首の根元まで横断しています。

 

 

 

 

 

ということは、

 

 

腕や肩だけでなく

 

背中から肋骨の始まりを

繋いでいる存在とも言えます。

 

 

 

 

 

 

このため、

 

 

鎖骨の周りにある筋肉は腕や肩を支える役割の他に、

 

 

背中の筋肉や首の筋肉と

隣り合う関係になると言えるわけなのです。

 

 

 

 

 

このように鎖骨の周りの筋肉が首の筋肉(胸鎖乳突筋)や

肩の筋肉(大胸筋や僧帽筋)と

繋がりがあるために、

 

 

 

 

鎖骨の周りの血流が悪化すると

肩こりや首のこりを感じやすくなります。

 

 

 

また昔のように農作業などで

常に体を動かすような生活を送っている方の方が少ないので、

 

 

肋骨はほとんど動かされることがないまま、

 

 

その周りの血流が淀んでいるという状況にあります。

 

 

 

 

 

 

 

鎖骨の下には上半身の神経や

血流の関所が存在しており、

それらを守る鎧の役割を果たしています。

 

 

 

 

また鎖骨は手を使って何かをする動物

にしか発達していない骨であり、

 

 

人間の他には猿やチンパンジーなどの

霊長類とネズミやリスなどのげっ歯目類に

限定されるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

鎖骨を意識して動かす

 

 

 

 

 

腕を回すなどの軽いエクササイズは

 

勿論効果的ですが、

 

 

ストレッチとエクササイズの両方を取り入れるのに効率が良いのは、

 

 

やはり水泳です。

 

 

 

 

 

クロールなどで泳ぎながら

鎖骨の周りをほぐすのも良いですし、

 

 

泳ぐのに抵抗のある方は両手を水の中で大きく振って

 

ウォーキングするだけでも効果は歴然です。

 

 

 

 

 

肩こりの改善にも勿論、

 

 

顔のむくみにも効果が期待できます。

 

 

 

 

 

kata5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

 

全身の骨格を整えながら、

 

筋肉や靭帯、腱などに直接アプローチする

鍼灸の施術を行っております。

 

 

 

 

自分ではなかなかケアできないお悩みなど、

患者さんお一人おひとりに合わせた内容で

施術を進めていきます。

 

 

 

 

 

気になる症状のある方は

 

 

是非コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket