ブログ
- 春に眠くなる理由とは?   ① -
6月 17, 2017 5:57 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
冷え症と腰痛の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です

 

北区だけでなく熱田区、中村区、瀬戸市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

スタッフの安藤です。

春は何だか、眠たい感じがしますよね。

 

そこで、今回は

春眠い理由とは?

 

について、ブログをアップしたいと思います。

 

th2231AGSR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

克服する3つのポイント!

 

 

「ポカポカと暖かい日が増えてきて、なぜか昼間でも眠いんだよなぁ…」

 

ということはないでしょうか?

 

 

 

 

私も春の時期には昼

間の眠気が襲ってきやすいです。

 

 

春眠暁を覚えず

 

ということわざがある通り、

 

 

春はなぜかとても眠くなる季節ですよね。

 

しかし、

春は気持ちのいい季節だからな

んとなくそう感じるというわけではないのです。

 

 

 

 

そこで気になるのが・・・

 

 

 

 

 

 

春特有の眠気の原因

 

 

原因は主に3つ。

 

 

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

【原因①:日中の気温差の影響】

 

 

春は温かくなってくるとはいえ、それは日中の話です。

 

春はまだまだ昼夜の気温の変動が激しい季節。

 

 

 

そこで体温をコントロールする働きをしている

自律神経が変化についていけず負担がかかるようになります。

 

 

自律神経は体温や呼吸など

自分の意思でコントロールできない

体の機能を調整する神経です。

 

 

 

 

自律神経は昼と夜の緊張状態と

リラックス状態をコントロールする働きもしているため、

 

自律神経の働きが狂うとこの調節も狂い、

活動するべき時間の昼間に眠気が生じるということが起こるのです。

 

 

 
【原因②:睡眠ホルモンの影響】
眠さを感じるのには

体内ホルモンのメラトニンの影響もあります。

 

 

 

メラトニンとは睡眠へ誘導する脳内物質のことで、

暗さを感じると分泌が起こります。

 

 

 

冬の間は日照時間が少ないために

メラトニンの分泌量が自然と多くなります。

 

 

しかし、春になってもメラトニンの分泌が

冬のパターンをひきずっていると、

メラトニンの分泌が不規則となって

昼間でも眠気が出るような状態になるのです。

 

 

 
【原因③:花粉症の影響】
春に一番悩まされるのが花粉症ですが、

この花粉症も眠さと関係があります。

花粉症は花粉から体から守ろうとする過剰な防衛反応のこと。
体の免疫機能が花粉と

闘うためにフル活動している状態になるわけですが、

 

それにより全身の体力が低下して眠気につながるのです。

 

 

thEEAS20L5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の特有の眠気には、

色々な理由があったんですね。

 

その他にも

体調を崩しやすい季節でもあります。

 

何か、お身体の不調がありましたら

 

やすだ鍼灸接骨院までご連絡下さい。

 

 

次回は、春に眠くなる理由②を

 

アップしたいと思います。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket