ブログ
- 猫背と肩こり -
7月 26, 2017 4:38 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と低体温症の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく東区、中区、一宮市
からも多くの患者さんが
おみえになられています。

 

 

【拡がりを見せる猫背人口】

スマートホンが普及するに従って、

電車やバスの中で多くの人がスマートホンの画面を見ている光景が増えました。
通勤途中の会社員、主婦の方、高校生や中高年、

最近では小中学生でもスマートホンや携帯の画面を

眺めている風景が見られるようになりました。

 

それと関係しているのか、

あらゆる年齢層に猫背人口が拡がりを見せています。

【猫背になると肩甲骨付近が凝る】

猫背になると、うつむき加減の姿勢を支えるために、

肩から背中の筋肉に負荷がかかり、肩甲骨付近の筋肉が凝りやすくなります。

猫背で前傾姿勢になった頭や首を支えるために肩甲骨付近の筋肉が緊張して張るため、

リンパの流れが阻害されて老廃物が溜まり代謝も落ちてしまいます。
肩甲骨付近の筋肉が凝ってしまうと、結局代謝も悪くなり、

背中がむっちり太る原因にもなってしまいます。
太るとますます支えなければならない重量が増えて、

より凝りやすくなるという悪循環ができてしまいます。
初期の段階の猫背は気付きにくいものですが、

「最近どうも肩甲骨が凝る」とか「背中に肉がついて太ってきたようだ」と感じた人は、

鏡の前に横向きに立ってみて、

一度猫背になっていないかチェックしてみるといいかも知れませんね。
少しでも猫背になりかけているようなら、

すぐにでも姿勢を気をつけるようにした方がよいでしょう。

 

気づかずに長い間過ごしていると、本当に猫背姿勢が定着してしまいます。

なるべく初期の段階で小さな兆候を見逃さないいようにすることが大切です。

 

 

【猫背が原因で肩こりになる】

 

肩こりの原因は人それぞれですが、猫背が原因の肩こりもあるようです。
猫背になって背中が丸くなると、顔が前へ突き出た前傾姿勢になっています。

すると、首の付け根や肩には、持続的に負担がかかり、肩甲骨付近が凝りやすくなります。

肩甲骨付近が凝ることでリンパの流れも阻害され、

付近の背中や肩も張って硬くなり、慢性的な肩こりを引き起こしているのです。

猫背は、一日二日でなるものではないので、

気づくのが早ければ、初期の段階で防ぐことができます。

 

少しでも、「肩甲骨の凝りが取れない」とか

「背中に肉がつきやすくなった」というような兆候があれば、

見逃さず、一度「猫背」を疑って、姿勢をチェックしてみると良いかもしれません。

猫背の兆候に気づいたら、首や肩のストレッチを行い

少しでも猫背姿勢を治す工夫が大事です。

 

nekoze

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも猫背からくる首こり・肩こりについての相談も行っております。
気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket