ブログ
- 脱水症はなぜ起こるのか?① -
8月 5, 2017 1:14 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩と膝痛の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく港区、千種区、尾張旭市
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

スタッフの安藤です。

 

今回は、脱水症について

少しブログでアップしたいと思います。

 

 

dassui1

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の身体は、成人で6割が体液から成っています

(お年寄りでは5割、新生児では7~8割と、

年齢によって割合に変化がみられます)。

体液とは、血液・リンパ液・唾液・粘液・消化液・唾液・ 尿など、

人間の身体が生命活動を行ううえで欠かすことのできないものです。

 

 

 

この体液が失われた状態を、

脱水症といいます。

 

 

脱水症状を起こすと、酸素や栄養素がうまく体内に行き渡らなかったり、

 

老廃物を排出することができなくなったり、

体温をうまく調整できなくなったりするなどの問題が生じます。

 

 

 

治療を怠ると命にかかわることもあるので、

症状に気付いたらすぐに処置を行うことが必要です。

 

脱水症は、

体内に入ってくる水分量の減少と

体外に出て行く水分量の増加が主な原因です。

 

 

そのため、以下のようなときには特に注意が必要です。

 

 

 

体調不良などであまり食事をとれない時

(水分は、飲料だけでなく食事からも体内に取り込まれています)
暑い時(汗で多くの水分が奪われます)
嘔吐・発熱・発汗(水分が多く体外に排出されます)
慢性呼吸器疾患(気道からの分泌物が増えるため、水分が多く失われます)

 

糖尿病(高血糖により多尿になり、水分不足が起こりやすくなります)
脳血管障害や認知症

(意識障害や認知障害があると、水分を摂取する量が少なくなります)
また、水分が体外に出て行く時には、ミネラルも一緒に排出されています。

 

 

汗をなめると、しょっぱい味がしますよね。

 

それが、ナトリウムなどのミネラルです。

 

 

ですから、脱水症の予防には水分だけでなく

ミネラルが欠かせないということを忘れないでください。

 

 

dassui2

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

お体の不調がありましたら、ご相談下さい。

 

次回は、

その脱水症の症状について

アップしたいと思います。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket