ブログ
- 広背筋伸ばして腰痛防止 -
8月 7, 2017 11:31 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と低体温症の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 
北区だけでなく東区、中区、一宮市
からも多くの患者さんが
おみえになられています。

 

 

【広背筋って知っていますか?】

ダイエットやバストアップ、肩こりや腰痛にも関係している

と言われている筋肉のひとつが「広背筋」です。
広背筋は、背骨の両側に広がる大きな平たい筋肉で、

背中全体に広がる逆三角形のような部分です。

 

骨盤から背中の中央、肩甲骨の下を通りわき腹や

腕の付け根に至るまでの広い範囲の筋肉です。

逆三角形の体を作りたい人が必ず鍛える筋肉です。
広範囲にわたる筋肉ですが、部位を意識することで、

ストレッチやトレーニングの効果も違ってくるので、

筋肉の位置は必ず確認しておきたいところです。

 

 

【デスクワーク中心の生活で広背筋が縮む】

筋肉のコリや緊張は、急激に動かしてなる場合と、

一日中全く動かすことがなく発生する場合とがあります。
デスクワークが中心の仕事の人は、

ずっと椅子に座ってパソコンを打っていたりするため、

 

両腕がデスクの上にずっとある状態の姿勢が多く、大きく腕を前後に動かしたり、

手前に肘を引いたりする機会がありません。
広背筋は、腕を後方に引く動作などで使われますが、

デスクワーク中心で両腕を動かす機会が少ないと、

鍛えられずに縮んでしまいます。

 

広背筋が縮むと、猫背になりやすく、背筋を伸ばそうと意識すると、

今度は反り腰になってしまいます。
広背筋が使われず硬くなると、猫背になり、

猫背の影響で大胸筋も縮んでバストが下がってしまったり、

背中に贅肉がつきやすくなります。

 

 

【広背筋伸ばしで肩こり・腰痛予防】

広背筋をストレッチなどで伸ばし背筋を伸ばすと、姿勢がよくなり、

肩こりや腰痛の予防や、バストアップやダイエットに効果的です。
広背筋を伸ばすには、腕を後ろへ引く動作が良いでしょう。

 

ドアを手前に引く動作や、歩く時に腕を大きく振りながら歩くのも良いですし、

水泳のクロールで腕を後ろへ水をかく動作なども良いでしょう。
また、両手を天井に向けて持ち上げ、

片方の手で広背筋を伸ばしたい方の手首をつかんで

斜め上方向に引っ張ってストレッチするのも効果的です。
この時、上半身も引っ張っている方向に倒すと、更にストレッチできます。

広背筋が、ツンと伸びてイタ気持ちいいところでしばらく止めるのがコツです。

この時、引っ張る方の腕や肩に力が入らないように注意しながら行います。

 

このようにこまめに気をつけて広背筋を鍛えることで

腰への負担を減らせるなら嬉しいですよね。

 

 

 

 

th1

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも腰痛についての相談も行っております。
気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket