ブログ
- ぎっくり腰の原因と正しい改善法 -
8月 19, 2017 12:40 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と耳鳴りの治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく昭和区、南区、津島市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

【突然やってきたぎっくり腰】

他人事だと思っていた突然のぎっくり腰。
特に重い物を持ち運んでないのに、

こんなことでぎっくり腰になるの?

ということも。

 

 

例えば…

・少しだけしゃがんで立とうとしたとき
・ズボンを履こうとしたとき
・くしゃみをしたとき
・軽い荷物を持とうと中腰になったとき

これら以外にも日常生活において、

唐突にぎっくり腰になってしまう方は多くいます。
では、ぎっくり腰に気を付けるべき点と、

正しい改善方法ってどうすればいいのでしょうか?
今回はぎっくり腰について紹介していきます。

 

【知らないと損!ぎっくり腰の謎】

従来、ぎっくり腰は急性の一時的な腰痛だといわれていました。
しかし、適切な手当てをせず長引かせてしまうことで

慢性の腰痛になるケースも。
特に中高年の場合だと、適切なケアをしない限り、

再発しやすい傾向にあります。
さらにぎっくり腰をきっかけとし、他の病気が発見されることもあるので、

ぎっくり腰を起こした際には再発を防ぐために、

対策や予防についてしっかりと知っておくことは大事です。

【その腰痛対策、間違ってませんか?】

突然のぎっくり腰に襲われると、

動くことも立ち上がることもできないのが一般的です。
その際に無理に身体を動かしてしまうと、

かえって症状を悪化させてしまう可能性があります。
激しい痛みを伴う場合は、2~3日は自宅で安静にしてから、

病院に行くようにしましょう。
ぎっくり腰になってしまうと、再発の恐れを防ぐために

色々と対策をする方もいらっしゃいますが、
根本的な症状の改善をしなければ腰痛の悩みは解消されません。
そこで、要注意な点としていくつか挙げていきます。

 

 

□マッサージは腰の痛いところを重点的にやっている
□痛み止めの薬を服用したり、湿布を貼る
□自分でトレーニングやストレッチを行っている
□痛みを感じる部分だけの施術
□刺激が弱いと効かないので強揉みをされている
□歪みがあることが原因だといわれ、

バキバキと矯正をしてもらっている

 

 

これらはいくら試しても、根本から改善する施術でないと効果は期待できません。

gikkuri

 

 

 

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

患者さんの声をしっかりと聞いて、

辛い症状の原因を突き止め、症状の改善を行います。
結果にこだわり、最短で完治させることで

患者さんの症状の解消になり、満足に繋がります。
一般的な、痛みがある箇所だけの施術だけではなく、

原因とされるものは他にもあるので、

全身のバランスを踏まえることで根本から改善がみられます。

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket