ブログ
- 慢性的な頭痛の原因 -
8月 27, 2017 10:40 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩と便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です

北区だけでなく昭和区、千種区、東海市
からも多くの方が
おみえになられてます。

 

 

慢性的な頭痛のタイプ

慢性的な頭痛にもいろいろなタイプの頭痛があります。

 

 

こめかみがズキズキ痛い

片頭痛

 

 

こめかみから後頭部にかけて締め付けられるような痛みの

緊張型頭痛

 

 

目の奥がえぐられるような激しい痛みの

群発頭痛

 

等があります。

 

 

ここでは慢性頭痛の代名詞とも言える

片頭痛と緊張型頭痛の2つを取り上げてみたいと思います。

 

いわゆる「頭痛もちさんの頭痛」です。

 

頻発して慢性的に痛みが出るメカニズムを知って、

その痛みが出る前に予防したり、

痛みを和らげる方法を知ることができたら心強いですよね。

 

慢性的な片頭痛の原因と治し方

慢性的な片頭痛の症状は、こめかみがズキズキと痛いというのが一般的な症状です。

なる原因はいろいろありますが、睡眠不足や睡眠過多、過労やストレス、

まぶしい光や騒音、血行不良も原因のひとつです。

若い女性になる人が多く、月経に伴う女性ホルモン分泌の影響もあると言われています。

 

こめかみから顔面に走っている三叉神経がなんらかの刺激や

ストレスを引き金に起こる痛みで、

過度の緊張で収縮していた血管の緊張が急に解け、

弛緩して拡張すると起こる痛みなので、血管を収縮させる意味で、

痛みの出るこめかみ等を冷やしたりすることは有効です。

また、外部からの光や音の刺激を避けるという意味で、

暗い静かな部屋で過ごすのも悪化させない方法です。

片頭痛で痛みを和らげるのに有効なのは冷やすことです。

 

 

慢性的な緊張型頭痛の原因と治し方

首こりや肩こりを伴った頭痛で、後頭部が重く、

頭全体が何かで締め付けられるような痛みが続く頭痛が緊張型頭痛の特徴です。

 

原因は、目の疲れ、肩こり首こり、睡眠不足、

ストレス等による負荷や緊張と考えられます。

 

ストレスが続くと、「脳の痛みのコントロール機能」が誤作動し、

筋肉の緊張がなくても痛みを発するようになってしまいます。

 

片頭痛に比べて痛みの出る頻度が高いので、痛み止めを服用してしまいがちですが、

痛み止めが習慣化するのも考えものです。緊張型頭痛に有効なのは温めることと、

筋肉の緊張を引き起こさないように、骨格の歪みを矯正したり、

正しい高さの枕を選ぶ、入浴でコリをほぐす、ホットパックで首や肩を温める等です。

 

 

慢性的な頭痛に効くツボがある?

慢性的な頭痛に悩んだら、頭痛に効くと言われている

ツボのツボ押しを試してみると良いでしょう。

 

頭痛のツボはいくつかあるのですが、

まず頭のてっぺんのど真ん中にある

「百会(ひゃくえ)」

というツボです。少しくぼんでいるので、わかりやすい場所です。

 

パソコンに長時間向かう仕事やドライバーの方等、

目を酷使する仕事の方に多い緊張型頭痛に効くツボです。

 

他にも

「風池(ふうち)」

は、後頭部の首の付け根あたりにあるくぼみの外側にあるツボで、

自律神経のバランスをとったり目や脳の疲労回復に効果的です。

「天柱(てんちゅう)」

は、首の後ろ側の左右にある筋の外側のくぼみ部分です。

疲れ目や肝機能の回復等の効能があると言われています。

 

ただし、自分でツボ押ししてみても、

合っているのかどうか専門家ではないのでなかなかわかりませんよね。

そんな時は、専門機関を受診してみるのも良いでしょう。

 

 

zutuu5

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも慢性的な頭痛についての相談も行っております。
気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket