ブログ
- 吐き気の原因と花粉症 -
8月 29, 2017 10:44 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩と便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく昭和区、千種区、東海市
からも多くの方が
おみえになられてます。

花粉症で引き起こす症状は様々

花粉症といえば、症状の現れとしてくしゃみや鼻水、

鼻詰まり、目のかゆみを伴うことが一般的に知られていますよね。

しかし、それ以外にも花粉症は他にも様々な症状を引き起こすことがあり、

その中でも花粉症が原因で吐き気を伴うことが挙げられています。
風邪と勘違いする方もいるので、間違った治療を行ってしまうと、

中々改善されないという方も少なくはありません。

そもそも、なぜ花粉症で吐き気が起こってしまうのでしょうか?
花粉症で吐き気を伴う原因として考えられることは

「鼻づまり」から引き起こしている可能性が高いです。

 

花粉症で伴う吐き気の原因って?

鼻詰まりから引き起こす要因は以下の説明で考えられます。

 

 

●鼻づまりで呼吸がうまくできず口呼吸になる

吐き気の原因の1つとして、鼻詰まりによって呼吸がうまくできず、

口呼吸になってしまうことが挙げられます。
これが原因で自然と口呼吸をすることが増えてしまい、

結果として喉に花粉が付着してしまいます。
それが要因で喉を刺激して咳込んでしまい、

咳の症状が悪化して嘔吐を引き起こすのではないかといえます。
咳が止まらなくて、激しく咳き込んだ時に吐きそうになる。

その原理と同じようです。

 

 

● 脳が酸欠状態

重い鼻詰まりになると、息苦しくなることが多くなり、

鼻が詰まることで気付いたら頭痛まで伴うことになってしまいます。
これは鼻が詰まることにより脳に充分な酸素が行き届かなくなり、

脳が酸欠のような状態になることもあるからだといえます。
また、その頭痛からめまいや吐き気を生じることがあります。

 

 

●鼻づまりによる不眠

鼻詰まりが酷くなると眠りが浅くなる可能性があります。
酷い症状だと一度寝付いたとしても、中で目が覚めたりすることもあり、

不眠症になってしまう恐れがあります。

不眠症になると睡眠の質が著しく低下してしまい、

睡眠の質が落ちることで次第に倦怠感や集中力の低下を引き起こしていきます。
これにより、体調が優れないことから

頭痛や吐き気などの症状に悩まされることもあるのです。

 

 

花粉症の改善方法について

日常生活において、気を付けるべき点としてはこまめなうがいをすることや、

水分摂取など花粉が入るのを防ぐ予防も大事です。

 

 

 

kafun

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接では全身のバランス整体や

鍼灸による花粉症対策の改善に直接アプローチできる治療ができ、

花粉症について悩みを抱える方の相談も行っております。
気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket