ブログ
- 布団に要注意!効果的な花粉症対策 -
10月 3, 2017 1:55 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と耳鳴りの治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく昭和区、南区、津島市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

家の中に入る花粉の数が驚きの数だった

 

どの季節にも花粉が飛び交うとされていて、

花粉症に悩む方も気が気でいられないでしょう。
花粉は外だけではなく家にいるときも注意が必要なのです。

 
実は一般的な日常生活で家の中に入る

花粉の数はなんと約2000万個

に及ぶといわれています。

 

そして、4割程度の付着によって外から家に持ち込まれてしまう花粉ですが、

着用していた衣類よりも洗濯で干していた衣類や

布団につく花粉の方が明らかに多いと判明されています。

 

 

花粉は着用している衣類に対して動作による振動や風によって

下に落ちて掃うことができますが、洗濯物に関しては同じ場所に吊るされたままなので、

花粉が積りやすくなってしまいます。
洗濯物を取り込む際にしっかりと花粉を落とさないと大変なことになってしまいますね。

 

さらに外干ししていた布団は通常の洗濯物より花粉がつきやすく、

大量の花粉がついてしまうためその数は約400万個以上と考えられています。

 

 

時期によっては花粉だけではない

 

花粉が布団についたままだと、

布団の上げ下ろしの時にも花粉を吸いこんでしまい花粉症を

より悪化させてしまう恐れがあります。

 

とはいえ、花粉がつかないようにと外に布団を干さなくなってしまい、

湿気の時期ではダニが増殖してしまう可能性があります。
対策としては、エアコンで湿度を下げつつ部屋に布団を干すやり方がベストでしょう。

 

とはいえ、ずっと干さないわけにはいかないので布団を干すときや、

取り込む際には注意を払っていけばなるべく花粉は抑えることができるでしょう。

 

布団を取り込む際に気を付けるべき点とすれば、強く叩き落とすのではなく、

手でなでるように表面を優しく叩くことがポイントとなります。
ほうきのようなものがあれば道具を上手く使いましょう。

また掃除機を使用することで大量の花粉やダニを取り除くことが可能です。
予め、空気清浄機やマスクをつけて対策をするようにしましょう。

 

 

花粉症に負けない身体作りをするには

 

花粉症に負けない身体作りをするには、

アレルギー反応を起こさせない抵抗力のある身体を作ることが大事です。

 

薬を使って一時的に和らげることはできますが、

副作用で眠くなったり、根本的な治療の改善には繋がりません。

 

なので根本的な改善をするためにも体質改善から

始めることが今後の花粉症対策にも繋がります。
食生活を見直すことから、睡眠をしっかり取ること、

ストレスを溜めないようにすること、身体全体のケアをすることが予防対策になります。

 

kafunn

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

やすだ鍼灸接骨院で全身のバランス整体や鍼灸による

花粉症対策の改善に直接アプローチできる治療ができ、

花粉症が原因で起こる悩みを抱えてる方の相談も行っております。
気になる方はのコチラ詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket