ブログ
- 数日後にやってきた突然の痛みと交通事故 -
10月 5, 2017 1:55 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
突き指と片頭痛の治療が得意な
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく港区、中川区、蟹江
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

病院で異常がないと診断されたのになぜか痛む

 

朝目が覚めて身体を起こそうとしたら身体が痛くて動かせず、

思い当たるふしを探ってみると「そういえば数日前に事故を起こして…」なんてことも。

 

病院へ行ってみたものの、レントゲンに異常はなく、

むちうちと診断され湿布と痛み止め薬をもらったけど、

二週間ほど通院しても治らない痛みに悩んでいたりしませんか?

 

 

実は、交通事故にあって病院で異常がないと診断されるケースはよくある話です。
基本的に外傷は特に見当たらず、むちうち症はレントゲンにも

写ることはないので異常がないと診断されてしまう場合も多くあります。

 

 

むちうちとは

 

車の衝突がきっかけで身体が突発的に「しなってしまう」様子が

ムチを振った時の状態に似ていることから、むちうちと呼ばれるようになりました。

 

 

むちうちの症状は、人によって症状も様々なのですが、

流れとして自分の意思とは異なる急激な動きにより、頭はそのまま踏みとどまろうとします。
それが原因で、脊髄、頚椎にダメージを受けたり、

肩や手などを、車や道路側に打ち付けた衝撃、または反動で首の筋肉を痛めてしまい、

急激に首周りに起こる、筋肉の緊張がむちうちの原因といわれています。

 

 

むちうちの症状は突然起こる

 

むちうちの症状が現れてしまう人はそれぞれ異なり、

翌日現れる人もいれば数ヶ月後に現れるケースも。
症状は首を痛めたり、動かないだけではなく、だるさや吐き気、

目眩など後遺症で引き起こしてしまう可能性もあります。

 

 

早めに病院に行き詳しく事故の状況を説明する

 

交通事故でむちうちの症状をしっかりと説明し、

必ず詳しい事情を医師に説明しましょう。
症状が交通事故によるものだときちんと伝え、

明確にすることが重要となってきます。
なぜなら、病院に行くことにより後遺症に悩まされる危機を回避でき、

賠償請求を行う際にトラブルを減らすことができるからです。

 

むちうちの症状で他にも耳鳴りや腰痛、眼精疲労や意欲低下、

外傷後のストレス障害まで引き起こしてしまう可能性もあります。
身体全身に症状が現れてしまうこともあるので、病院でちゃんと診てもらいましょう。

 

ziko

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

むちうちの症状に悩まれている方、

病院で中々改善されない方、また複雑な法律や保険会社とのやりとりなど、

初めてのことでどう対応したらよいかわからないという方は遠慮なく、

やすだ鍼灸接骨院にご相談ください。
必要に応じて交通事故問題に精通した弁護士さんのご紹介もさせていただき、

患者さまのお困りごとを全面的にサポートさせていただきます。

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket