ブログ
- 合わない眼鏡が頭痛の原因? -
10月 13, 2017 2:13 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と低体温症の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 
北区だけでなく東区、中区、一宮市
からも多くの患者さんが
おみえになられています。

 

 

その眼鏡、合ってないかも?!

 

眼鏡をかけていると頭が痛くなる気がする・・・という方、

それはもしかしたら眼鏡の何かが合っていないかもしれません。

 
こめかみが圧迫されて頭痛が起きているのはわかりやすいケースで、

眼鏡を外せば血行が良くなり頭痛が和らぐ程度であれば

幅を調節するだけで解決することもあります。

 
しかし、度数が合っていない場合は眼精疲労が溜まり、

目の奥の視神経で炎症を起こしていることもあります。

見え過ぎても見えなさ過ぎても眼精疲労は溜まり、頭痛が起きます。

 

 

視神経は肩と繋がっている

 

眼鏡が合わずに日々の頭痛に悩まされている場合、

肩こりも同様に引き起こしていることがあります。

 

それは、目の奥の神経と肩の神経が首で繋がっていることに関係しています。

 

 
肩のマッサージをしたり、ストレッチやエクササイズをしたりしても

肩こりや頭痛が緩和されない時は、視力の調整を行ってみるのも良いでしょう。

 
年齢や生活環境とともに視力は変動しています。

 
デスクワークが多い、運転している時間が長い、

細かい作業をしているなど、仕事の内容によっても必要になる視力と度数は違うものです。
長年同じ度数の眼鏡を使っている、

コンタクトの度数を変えていないなど思い当たることがある時は、

一度専門家に相談してみましょう。

 

眼精疲労と肩こりには

首の歪みを取るのが効果的!

 

 

視力と頭痛、肩こりの関係についてお話してきましたが、

首の頸椎が歪んでいる場合にも目のかすみや頭痛、肩こりは起こります。

 
それは頭と上半身を繋いでいる首に歪みがあると、

神経が圧迫されて血行や脳からのホルモンがスムーズに伝達されずに、

疲れが溜まり炎症を起こしやすくなるからです。

 
また首には自律神経も通っているため首に歪みがあるままにしておくと

睡眠障害、拒食・過食、不定愁訴など原因の特定しにくい症状となって

現れることがありますので注意しましょう。

 
目は鍛えることが難しい器官ですので、

一番良い状態で機能できるように整えておくことが、

快適に過ごす上でポイントになってきます。

 
視力や眼鏡に問題が無いのに、頭痛や肩こりが一向におさまらない時は、

首の歪みを見直してみるのはいかがでしょうか。

sumakaakor

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では全身のバランス整体や、

鍼灸による筋肉や靭帯に直接アプローチできる施術を行っております。
専門機関を受診しても思うような改善が見られない場合は、

体のバランスを整えることも選択肢の一つです。
まずはコチラの詳細をご覧いただき、お気軽にご相談ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket