ブログ
- むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)と体の歪みは関係ある? -
10月 19, 2017 4:05 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腱鞘炎と不眠の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 
北区だけでなく守山区、中川区、
北名古屋市からも多くの方が
おみえになられてます。

 

 

眠れないほどの

「むずむず」

を感じていませんか?

 

 

むずむず脚症候群というと妊婦さんに多いという印象を受けるのですが、

40代を過ぎるあたりから男女問わず夜寝る時に

足に違和感があって眠れないという方が増えています。

 

主な症状としては、

・足の特に膝から下が痒いようなチクチクするような感じがする
・無意識に足を揺すりたくなる
・足に小さな虫がたくさん這っているような気がする
・ひどい時は腰から下全体にじっとしていられない不快感がある

などの、

人に言葉で説明するのが難しい

「むずむず」が挙げられます。

 

 

夕方から夜にかけて症状が強く出るのが特徴的で、

横になって安静にしている時にむずむずを感じやすいので、

気が休まらずイライラしがちになりストレスが溜まります。
このむずむずの原因は特定されていませんが、

可能性としてはいくつかあると言われています。

 

むずむず脚症候群を発症する原因は?

むずむず脚症候群かもしれない・・・と思い当たった時は、

まず睡眠に関する専門外来を受診するのが良いでしょう。

 

日頃の生活サイクルや服用している薬などから

原因を特定できることもありますので、

客観的に診断してもらうことが早めの改善に繋がります。
むずむず脚症候群になる原因には様々なものがあり、

性別や環境によって発症するきっかけは違ってくるでしょう。

 

 

・鉄分が足りていない
・睡眠不足で自律神経が乱れて脳が間違った指令を出している
・骨盤が歪んでいる、もしくは緩んでいて

血液や体内の組織液がうまく循環できていない
・運動不足で足の筋肉が弱り、老廃物を運ぶ血流が下半身で滞っている
・アルコール、カフェイン、煙草などの刺激で睡眠の質が低下している
・服用している薬が合っていない

 

これらの原因を総合的に考えて、

原因を特定していきます。

 

体の歪みを整えて体内の循環を改善する!

服用している薬は特にないという場合、

鉄分を重視した食生活を意識したり、

鉄分の摂れるサプリメントを取り入れたりすることで、

むずむず脚症候群から解放された方もいらっしゃいます。

 
しかしそういった栄養をきちんと摂取するには、

健康的な胃腸がないと吸収できません。
暴飲暴食は控え、消化吸収しやすい食生活を見直すことも大切です。
また骨格が歪んでいると、体内を血液が体全体を上手に循環できなくなり、

栄養不足や酸素不足から

むずむず脚症候群になっているケースもあるのです。

 

th222

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では全身のバランス整体や、

鍼灸による筋肉や靭帯に直接アプローチできる施術を行っております。
専門機関を受診しても思うような改善が見られない場合は

体のバランスを整えることも選択肢の一つです。
まずはコチラの詳細をご覧いただき、お気軽にご相談ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket