ブログ
- 夏の終わりに始まる花粉症 -
10月 19, 2017 3:51 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩と便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 
北区だけでなく昭和区、千種区、東海市
からも多くの方が
おみえになられてます。

 

 

もうすぐ秋・・・急にくしゃみが増えたのは?

 

夏場にエアコンを付けるようになると、

急にくしゃみや鼻水といった症状が出ますよね。
これはハウスダストやエアコンのカビなどがアレルゲンとなって、

体から追い出そうと抵抗している証拠です。

 

また、寒暖差でも鼻水が出やすくなりますので、

夏が始まるとエアコンのある生活に慣れるまでに

鼻炎になっている方は多いものです。

 

 

しかしもう夏も終わり・・・

そんな時にまたくしゃみや鼻水が出始めることありませんか?
それは

「ブタクサ」

に反応して花粉症になっているかもしれません。

 

「ヒノキ」、「スギ」、「ブタクサ」、

日本の三大花粉症

の原因であるブタクサは、

 

これから10月にかけてブタクサのシーズンが到来します。

 

 

ブタクサの花粉症の特徴

 

ブタクサはどこにでも生息しています。
空き地や川辺など、いわゆる雑草の一つです。

雑草のなかでは比較的背が高くなる種類で、

1メートルほどまで成長し、小さな花が咲く時に花粉が飛散します。
ブタクサと同じ時期に花粉症になる場合、

 

「イネ」に反応している場合もありますので、

自分が何に反応しているのか知りたい時は

血液検査を行っている専門機関で調べてもらいましょう。

 

 

ブタクサの花粉症の症状には、目の痒みや鼻水ももちろんありますが、

喉の違和感や痛みなどがあるというのが特徴です。

 

この症状は風邪の症状とも似ているので見過ごされやすいのですが、

花粉症から喘息になることもありますので注意しましょう。

 

 

免疫力を高めて花粉症対策!

 

花粉症対策には、体の抵抗力を高めることが効果的です。
もちろん、内服薬や点鼻薬、目薬なども即効性がありますが、

毎年毎年花粉症の季節が来る度にお世話になるのも大変ですよね。
その点、抵抗力を高めておくと花粉症だけでなく、

日々のストレスや、風邪などへの抵抗力も高まりますし、

様々な病原菌から体を守ることに繋がります。

 
また、体の粘膜を強くする食生活も長い目で見て効果を発揮しますので、

日々の食事にも少しずつ取り入れたいですね!

オクラや長芋、納豆、モロヘイヤなどネバネバしたものは

粘膜を強くする効果もありますし、夏の終わりの食欲不振にもバッチリです。

 

t02200273_04430550132169351141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では全身のバランス整体や、

鍼灸による筋肉や靭帯に直接アプローチできる施術を行っております。
体には抵抗力を高めるツボもあります。
花粉症に悩まれている方、

できれば薬を飲まずに花粉症対策をしていけるようになりたい方は、

コチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket