ブログ
- 年々、子供の骨折が増えている?! -
11月 10, 2017 3:48 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と低体温症の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 
北区だけでなく東区、中区、一宮市
からも多くの患者さんが
おみえになられています。

 

 

体力と骨密度の低下は関係ある?

骨が強い、骨が弱い・・・

カルシウムと聞くとすぐに思い浮かべる牛乳や

ヨーグルトなどの乳製品を無理に取り入れなくても、

日本では昔から親しまれてした和食で

十分なカルシウムを補うことができます。

 

 

 

・大根の葉や切り干し大根
・小松菜や菜の花、モロヘイヤなど

色の濃い緑黄色野菜
・納豆やきな粉などの大豆製品
・海苔やワカメ、ヒジキなどの海藻
・イワシ、シシャモ、ワカサギ、

小女子、シラスなど骨ごと

調理して食べられる魚
・ゴマ

 

和食はカルシウムと一緒に、

カルシウムが流出しにくくなる栄養素も

一緒に摂ることができるため、

世界でも見直されている食文化となっています。

 

 

運動、食事、睡眠

お子さんの強い骨を作るためには、

運動と食事と並んで睡眠も必要不可欠です。
成長ホルモンがたくさん分泌される

22時~2時の間に熟睡できるように、

21時には就寝できているのが理想だと言われています。
これは、大人がストレスに強くなったり、

若々しい肉体を維持したりするためにも

必要な要素と同じことが言えますね。

 

 

th4

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

グラスファイバーという特殊な素材を

使用したギプスを用いて、

革新的な骨折の施術を行っています。

成長期のお子様の骨折、

心配なことはたくさんありますよね。
固定しながら適切なリハビリを

行っていくことで、

筋肉の衰えをカバーしつつ

元の生活に戻った時に

不安のないよう寄り添っていきます。

 

kossetsu3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも全身のバランス整体や、

鍼灸による筋肉や靭帯に

直接アプローチできる施術を行っており、

転びやすい姿勢や足の形などを調整することもあります。
お子様の急な骨折や繰り返す骨折、

骨折してからなかなか治らない痺れなど

不安なことがありましたら、

まずはコチラの詳細をご覧いただき、

お気軽にご相談ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket