ブログ
- 交通事故に遭ったら…まず何をすれば良いの? -
11月 28, 2017 1:34 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腱鞘炎と便秘の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく西区、東区、北名古屋市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

【予測できない

交通事故】

人生で1度も交通事故に遭わずに

済むならその方が良いのですが、

万が一自分が交通事故の被害者に

なるような出来事があった時、

必ずしておいた方が良いことがあります。
それは、

 

①警察の聴取の際に必ず

人身事故

であることを明言する
人身事故の申告がない場合、

物損と見なされて

その後の対応が全く違ってきます。
適用される保険や、

受けられる治療も制限されますので、

その時に救急車で運ばれるような

大きな怪我がない時でも、

人身事故であるということは

明確にしておきましょう。

むち打ち症(頸椎捻挫)

は事故からしばらく経過してから

発症することが多いため、

後々になって保険が適用されない

というトラブルもあります。

 

 

事故に遭った日

に専門機関を受診しておく
上述しましたが、

むち打ち症が交通事故に遭ったその日に

発症することはまずありません。
その日には何もなくても

後日違和感が生じた時に、

事故に遭ったその日の診断書が

必要となることがあります。

また、その後整骨院や接骨院での

施術に保険が適用されるかどうかも、

医師の診断書が必要となります。

 

 

【専門機関では

問題ないと言われた

けれど・・・】

 

レントゲン写真で異常はないものの、

首が回らない、気持ちが悪い、

眩暈がするなどむち打ち症の

諸症状が出てきた時、

医師の診断書のもとで

柔道整復師による施術も

可能となります。
ここで忘れないでおくことは、

専門機関ではない場所で施術を

受けようとしていることを、

担当の医師にきちんと相談しておくことです。
医師の了解の無いところで施術を受けて、

万が一悪化した場合、

保険会社とトラブルになることもあります。

 

【むち打ち症で

悩まれているのなら!】

 

医師の許可がおりたところで、

貼り薬や痛み止めに頼らない

根本的な解決策を考えていきましょう。
また、交通事故に遭ったけれど

その場での対処がわからず、

人身事故の保険が適用されていないなど、

専門家に相談したいことも

あるのではないでしょうか。

tuitotu

 

 

 

 

 

 
やすだ鍼灸接骨院では、

全身のバランス整体や筋肉に

直接アプローチできる鍼灸を行っています。

 

また事故や怪我の後、

 

グラスファイバー素材の

ギプスの固定

も認可されています。

 

骨格を見直して体質を改善すれば、

今まで悩んでいたことの多くが

解消されていくこともあります。
気になる症状のある方は、

まずはコチラの詳細をご覧ください。

 

どこに何を相談すれば良いか

わからないという場合も、

お気軽にご相談くださいね。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket