ブログ
- これは腰痛?排卵痛? -
12月 14, 2017 7:24 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
突き指と片頭痛の治療が得意な
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく港区、中川区、蟹江
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

【産後の骨盤と様々な痛み】

妊娠中から出産後、母体は尾骶骨や恥骨、

仙骨など骨盤に関係のある場所で

様々な痛みを感じることが多いものです。
妊娠中は腹帯や腹帯付きのボクサーパンツなど、

骨盤を支えることはできても

なかなか骨盤を整えるところまでは

行うのが難しいこともあります。
そこで産後、それらの痛みと

戦いながら慌ただしく子育てをして、

気が付けば尾骶骨は痛くないけど腰痛持ちになった、

足の付け根は痺れないけど生理痛が悪化した、

など痛みの場所が変化している方は

いらっしゃいませんか?

 

体は自然にどこかの不調を

カバーするようにできているために、

本来の痛みの原因だった場所ではないところに

負荷がかかっていることがあります。

 

それが産後の腰痛や生理痛、

排卵痛と関係があるのです。

 

 

【人によっては

生理痛よりも

大変な排卵痛】

 

排卵痛

は、簡単に言うと

卵子が卵管を通って卵巣から飛び出す時に

突き破って出ていく時に痛みを感じるケースと、

排卵直前の卵胞が大きく腫れてきた時に

痛みを感じるケースがあるようです。
どちらの場合も、

生理が終わってからだいたい

1週間後に現れるのが特徴で、

排卵している片側だけが痛む

という方もいらっしゃるほどです。

 

その痛みは生理痛とは

質の違うものであることが多く、

歩けないほどお尻から足の付け根がビリビリする、

腰をマッサージしても気持ちよいと感じない

重たい腰痛などが挙げられます。
場合によっては、

もともと腰痛を持っている方が、

排卵時には痛みが増すということもあり、

産婦人科での処方も痛み止めを処方されるか、

もしくは生理自体を軽くして

排卵をスムーズに行う低用量ピルを

勧められるかそれほど選択肢はないでしょう。

 

その期間は排卵痛と上手に

付き合っていきましょうというわけです。
これは、つらい生理痛との

向き合い方と似ていますね。

 

 

【骨盤を整えて

腰痛と排卵痛も改善!】

そこで、見直していただきたいのが、

そもそも腰痛や排卵痛が始まった

タイミングについてなのです。

 

産後すぐに整体に通うのは

難しいかもしれませんが、

子育ての中で腰痛や排卵痛が

ストレスになっているのは残念ですよね。
出産から数年経過して、

子育てが落ち着いてからでも構いません。

 

世の中の9割以上の人は骨盤が歪んでいる

と言われている時代ですから、

そこに起因しているトラブルも

またたくさんあるのです。

 

gikkuri

 

 

 

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

やすだ鍼灸接骨院では、全身のバランス整体や

筋肉に直接アプローチできる鍼灸を行っています。
骨格を見直して体質を改善すれば、

今まで悩んでいたことの多くが

解消されていくこともあります。
気になる症状のある方は、

まずはコチラの詳細をご覧いただき、

お気軽にご相談ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket