ブログ
- 花粉症を悪化させてしまう生活習慣とは? -
12月 16, 2017 7:26 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と耳鳴りの治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 
北区だけでなく昭和区、南区、津島市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

【花粉症対策をしているのに

症状が悪化してしまう原因】

花粉症といえば、症状の現れとしてくしゃみや鼻水、

鼻詰まり、目のかゆみを伴うことが

一般的に知られていますよね。

 

しかし、ちゃんと花粉症対策を

しているのにも関わらず

一向に症状がよくならないのはなぜ?
実は、自分では気づかないうちに

花粉症の症状を悪化させている

生活習慣が原因かもしれません。

 

メガネやマスクだけではなく

生活から見直すことで

今後の花粉症対策として

改善が期待できるでしょう。
今回はそういった生活習慣の

対策法を紹介します。

 

 

【花粉症を悪化させる

生活習慣とは?】

 

●睡眠不足

花粉症を悪化させてしまう

1つの原因として睡眠不足が疑われています。
夜更かしで中々眠れなかったりして

睡眠不足になっている人は少なくないでしょう。
睡眠不足のせいで免疫やホルモンバランスが崩れ、

花粉症の症状を促進させてしまう恐れがあります。

 

規則正しい生活を作るためにも

なるべく夜更かしは避け、

十分な睡眠を心掛けましょう。

 

●ストレス

が原因で花粉症の症状を悪化させる

様々な病気に関してもいえることですが、

ストレスというものは自律神経を狂わせて、

免疫や身体のバランスを崩してしまいます。

自律神経や免疫のバランスを崩してしまうと、

ちょっとした花粉に対しても

敏感に反応してしまう可能性があります。
さらに、花粉症が悪化することにより、

またストレスも溜まることで悪循環になることも。
対策としては日ごろから運動や、

好きなことをしたりストレスを

発散することが大切です。

リラックスをすることもストレスの

緩和に繋がるので、適度な休養も必要です。

 

●過剰なアルコール摂取

付き合いや休日でお酒を飲む機会も多くなり、

アルコールを過剰に摂取していることで

血管を膨張させてしまい、

鼻詰まりや目の充血などの

症状を起こしてしまいます。
また、アルコールと一緒に

高タンパク質や高脂質の食べ物が多くなり、

食べ過ぎることで身体の免疫力を

低下させて花粉症をより悪化させてしまいます。
飲み会が増える季節は

特に飲みすぎないように

注意してください。

 

 

●家に帰ったら

部屋着に着替えましょう

外出から帰宅したら、

室内に入る前に花粉を落としましょう。
細かい花粉は全部落とせるわけではないので、

着替えることがベストです。
振り落とした花粉が家の中に

散らばっている可能性も高いので

こまめに部屋の掃除をしましょう。

 

 

kafunn

 

 

 

 

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

やすだ鍼灸接骨院で全身のバランス整体や

鍼灸による花粉症対策の改善に

直接アプローチできる治療ができ、

花粉症について悩みを抱える方の

相談も行っております。
気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket