ブログ
- ヒールの高い靴と腰痛 -
12月 26, 2017 12:58 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と低体温症の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく東区、中区、一宮市
からも多くの患者さんが
おみえになられています。

 

 

ヒールの高い靴を履いている時に

腰痛になるのは何が原因?

重い腰痛以外にも、

腰の力が抜けるような痛みを

感じることはありませんか?
特に20代~30代の頻繁にヒールの高い靴を履く世代に、

この腰を支えられないような感覚を覚える腰痛が

増えているように感じます。

正しい姿勢で足に合ったヒールの靴を履いていれば

問題は起きないはずですが、

若い世代に腰痛が増えている背景にはどのような理由があるのでしょうか?

ヒールを履いた時に伸ばしたい膝と背中

腰痛を招く姿勢にはいろいろなものがあります。

 

・猫背

せっかく高いヒールを履いているのだから、

よりいっそうスタイル良く見せたいものですが、

つま先立ちした状態で背中を起こそうとすると

腹筋も背筋もお尻の筋肉もバランスよく使わなければなりません。

この姿勢を保つことができずに猫背になると、

前かがみになる上半身を腰で不自然に支えなければならなくなり、

疲労が蓄積して腰痛となります。

 

・膝が曲がっている

ヒールの高い靴で颯爽と歩くことができたらとても素敵ですが、

靴が足に合っておらず脱げそうなものや

痛くて踏ん張れないものなどを履いていると、

次第に地面に足が着くのが怖くなり、

膝を曲げてそっと着地するようになります。

足全体をべたべたと地面に着く歩き方をしていると、

足にかかる衝撃を分散するために膝や腰に負荷がかかり、

やがて腰椎のクッションを損傷することにもなり兼ねません。

これが椎間板ヘルニアへと発展すると治りが遅くなり、

長く付き合わなければならなくなるのです。

 

・下っ腹が出ている

猫背の姿勢が続くと

視線を持ち上げるために腰だけを反らすようになります。

これが下っ腹が出てくる理由です。

膝が曲がり猫背で下っ腹が出てくる・・・

若々しいイメージとは程遠くなってしまいますよね。

腰痛を繰り返す前に姿勢の見直しを

お気に入りの靴を健康的に長く履きこなせるように、

ヒールを履いている時もそうでない時も

姿勢は美しく無理のない状態でいたいものです。

しかし自分では歪んでいないと思っていても、

なかなか骨格のことまではわかりませんよね。

 

hhhhhhhhh

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

全身のバランス整体や筋肉に

直接アプローチできる鍼灸を行っています。

 

体は全て繋がっていますので、

どこかに不調があると思わぬところに

トラブルが出るものです。

骨格を見直して体質を改善すれば、

今までんでいたことの多くが解消されていくことでしょう。
気になる症状のある方は、

まずはコチラの詳細をご覧いただき、

お気軽にご相談ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket