ブログ
- 腕のしびれと体のこり -
1月 6, 2018 1:30 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
つき指とぎっくり腰の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく千種区、天白区、一宮市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

どうして体はこるのか

疲れがたまっているなぁと感じるとき、

首や肩がこっていたり腰が痛かったりしますよね。

どんなに頑張っても疲れない体になりたい!

と言うのはやはり夢のような話です。

 

 

自分ではまだ大丈夫と思っていても、

体は正直なので無理を重ねた分だけ不調となって

身体のあちこちに症状が出てしまいます。

それでは、体のこりってどうして起こるのでしょうか。

 

 

首は本来、前側に向かって自然なSカーブを描いています。

そのため、体のなかで一番重い頭を

上手なバランスで支えることができています。

 

 

しかし、加齢や姿勢の悪さによって首に負担がかかると、

ストレートネックと呼ばれる状態になります。

すると、不安定な体勢で頭を支えなければいけなくなるので、

首への負荷がずいぶんと増すことになります。

 

 

また、ストレスにさらされていると、

緊張状態で呼吸が浅くなり筋肉が張った状態になります。

体に常に力が入っていては、疲れやすくても当然ですよね。

 

 

腕のしびれ、

実は首こりや肩こりと関係があった!

 

 

ぴりぴり、いや、びりびりと言う表現が正しい?

このような腕のしびれを感じたことがありますか?

腕を頭の下に置いた状態で寝ていたり、

満員電車でつり革につかまったまま身動きが取れなかったせいで、

腕がしびれてしまった。

多くの人が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

 

 

腕がしびれる原因は、首や肩のこりと関係しています。

こりによって首周辺の血液循環が悪くなると、

腕へ流れる血液の量が減少します。これにより、

酸素や栄養が不足するとしびれとなって現れます。

しびれのほかにも腕を触ると冷たかったり、

だるさやむくみを感じることがあります。

 

 

腕のしびれは体からのサインだった?

改善するには

 

腕がしびれる、ということは

体内でなんらかの異変が起きていることを示しています。

たとえ軽度であっても、

体からのサインを見逃さないことが健康への第一歩ですよ。

自分で予防できることを今日から始めましょう。

 

 

○ストレッチをする

筋肉の疲労によるしびれは、

血行を良くすることで改善につながります。

前かがみの体勢を長時間続けていた場合などに有効です。
両手を頭の後ろで組みます。

ひじを前側でくっつけるよう近づけます。

ひじを開いて、肩甲骨を動かしてください。

この動作を10回ほど繰り返します。

 

 

○栄養バランスに気をつける

糖質や脂質の多い食事ばかり取っていると、

血液がドロドロになります。

野菜や果物に豊富に含まれるビタミンやミネラルは、

血流の改善に効果を発揮します。

バランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

○早寝早起き、生活リズムを一定にする

睡眠不足や不規則な生活は自律神経が乱れるので、

体温が下がってしまいます。冷えは万病のもとです。

温かいものを飲む、湯船に浸かる、

など意識して体を温めましょう。

 

 

気をつけなければいけないのは、

腕のしびれには重篤な病気が隠れている場合もあります。

少しでも異変を感じたら、

必ず病院で診察を受けてください。

iiiiiii

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket