ブログ
- 冬の肩こり -
1月 11, 2018 9:04 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
寝違えと便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく東区、名東区、豊田市
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

冬になると肩こりが悪化する?

 

寒くて縮こまってしまうこの季節、

四季の中で冬に一番肩こりが

悪化すると感じる原因は自分でもわかっているはずなのに、

やっぱり毎年肩こりと付き合ってしまう・・・
今年こそ寒いから仕方ないで片づけない冬にしませんか?

 

 

冬の肩こりの主な原因はもちろん寒さもありますが、

洋服の重さ、そして絶対的な運動不足にあります。

洋服を減らすことは難しいので、

運動量を増やして肩こり対策、始めてみましょう。

 

 

肩こりの要は肩甲骨

 

冬は暖かい部屋でぬくぬくのんびりするのが至福の時ですが、

何もしない間に筋肉は使われなくなり、

弾力を失って春が来る頃には根強い肩こりが慢性化していきます。
そうならないために、冬でもランニング!

というのは少しハードルが高いので、

まずは簡単にできる

ストレッチから始めるのが長続きできるコツです。

 

 

①肩の上げ下げ

テレビを観ている時、デスクワークの合間、

信号待ちをしている時、ちょっとした隙間時間に

両肩を耳に近づけるように上げて力を抜いて下げる。

これを繰り返すだけでも肩こり解消に繋がります。

 

続けているとだんだん体が温まってくるのが

実感していただけるのではないでしょうか。

肩こりだけでなく、冬場にゴルフのラウンドをする前など

可動域を広げたい時のウォーミングアップにも最適です。

 

②壁を使って腕立て伏せ

毎日筋トレのために

腕立て伏せをされている方もいらっしゃるかもしれませんが、

腕立て伏せの運動そのものに肩甲骨周りを

動かす効果があり、肩こりの解消が期待できます。

 

床で腕立て伏せをしようと思うと回数が続けられないので、

壁両手をついて体重の負荷を感じない腕立て伏せから

取り入れてみましょう。

 

 

③入浴

肩こりには冷やさないことも大切です。

マフラーやネックウォーマーを活用して

首元を冷やさないようにする、

またゆっくり湯船に浸かるなど、寒さ対策を心がけましょう。

 

湯冷めしにくい入浴剤も様々な種類が市販されていますし、

水素浴などもその一環として注目されています。

 

 

骨格を見直して肩こり対策

 

きちんと温めて、運動を心がけても、

土台となる体のバランスが歪んでいると

筋肉の疲労が溜まり

肩こりだけではないトラブルに発展することがあります。

 

kata

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

全身のバランス整体や筋肉に

直接アプローチできる鍼灸を行っています

 

骨格を見直して体質を改善すれば、

今まで悩んでいたことの多くが解消されていくことでしょう。

気になる症状のある方は、

まずはコチラの詳細をご覧いただき、お気軽にご相談ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket