ブログ
- 肩こりの治療と医療機関 -
1月 25, 2018 2:48 pm

 

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
突き指と片頭痛の治療が得意な
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく港区、中川区、蟹江
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

肩こりの重症度について

 

現代の日本では多くの人が肩こりや

首の痛み・違和感を抱えています。

 

スマートフォンを毎日のように使う人が増えたことが

肩こり人口の増加の一因と考えられます。

首を前に傾けるほど首や肩の筋肉や関節への負担が増えます。
長時間スマートフォンをいじりながら首を傾けていると

どんどん疲労物質が蓄積していき、

慢性的なコリや痛みを感じるようになるのです。

 

肩はなかなか休ませることが難しく、

初期の肩こりのうちに早めに対処することをおすすめします。

1か月以上痛みが治まらない場合は、医療機関を受診しましょう。

患部を押したり触ったりすると痛みが増す時は、

骨折をはじめとする骨の異常が起きている恐れがあります。

 

 

どの医療機関を選べばよいのか

 

 

では、実際に医療機関へ行こうと決めたら

どの医療機関を選ぶのが良いのでしょうか?

 

肩こりの症状に対応している医院は多く存在するため、

迷ってしまう人も多いようです。

 

整形外科・接骨院・整体・マッサージ・リラクゼーションサロンなど

選択肢はたくさんありますが、

重度の肩こりにお悩みの方はまず整形外科を受診しましょう。

 

整形外科では、レントゲンやMRIなどの画像診断が可能なため、

万が一骨や関節に異常が見られた場合も対応することができます。

 

また、肩こりは心臓や肺といった内臓の疾患が原因で発生していることもあり、

その場合は他の病院を進められることも考慮に入れて置く必要があります。

 

診察を受けた後で、骨や関節に異常が無いことが分かれば

他の医院に転院することも可能です。

 

さらに、整形外科に通いながら整形外科や接骨院で

リハビリやマッサージを受けるという通院の仕方もあります。

 

 

 

医療機関を選ぶ際のポイント

 

 

医療機関を選ぶ際は、

「長期間通院する可能性がある」

という事を考慮に入れて選びましょう。

 

慢性化した肩こりの場合は、完治に時間がかかります。

担当してくれる先生の人柄、院内の雰囲気、施術内容はとても大切です。

特に重要視したいのが

「患者とコミュニケーションを取ってくれるかどうか」

です。

症状についてはもちろん、何が不安なのか親身になって話を

聞いてくれる先生がいると良いですね。

 

また、治療方針をきちんと説明してくれるという点にも注目してください。

今どのような状態で、これから先どう治療を進めていくのか

分かりやすく説明してくれるのが理想的です。

 

注意したい部分として、不満があるからと言って何も告げずに

違う医療機関に変わってしまうのは避けた方が良いです。

治療の仕方などに疑問や不安点がある時は、

まず先生や看護師さんに相談してみましょう。

相談しても何のリアクションも無い場合には、転院を検討してください。

 

 

kataa

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

肩こりや腰痛などの症状に加えて、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket