ブログ
- 足の疲労感やむくみについて -
2月 15, 2018 7:18 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩と膝痛の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく港区、千種区、尾張旭市
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

 

足の疲労感を感じる時

 

 

夕方や夜になると一日の疲れが足に溜まって

疲労感を感じたことがある人も多いのではないでしょうか?

特に女性はむくみやダルさといった症状を感じやすいと言われています。

 

足は毎日人間の体重を支え、歩く・走る・立つといった日常生活で

当たり前に行っている動作の際に最も負担がかかる部分でもあります。

男女や年齢を問わず足に疲労感や違和感を

自覚している人は多く、その頻度もさまざまです。

 

また、重力の影響でどうしても血流は体の下部分に流れて行きやすく、

長時間同じ姿勢を取っていることと水分や疲労物質が下半身に蓄積しやすいのです。

 

足の疲労を放置すると、疲れが取れにくくなりやがて全身の疲労や不調に繋がっていく恐れがあります。

 

足の疲労感・だるさの原因

 

 

足の疲労感・だるさの原因は、筋肉の緊張とむくみのふたつが大きな原因として挙げられます。

 

 

●筋肉の緊張

 

 

人間は、座っている時でさえ太ももや足の筋肉を使って生活しています。

同じ場所の筋肉に負荷をかけ続けるとその部分に筋肉疲労が蓄積し、

だるさや痛みといった症状を感じるようになります。

 

軽い疲労であれば、少し体を横にして休息をとるなどの対策が有効ですが、

慢性的な疲労になると休息をとってもなかなか回復し辛くなります。

 

また、ストレスなどで身体が極度に緊張しているケースでは、

熟睡することが難しく回復どころか日に日に不快感が増していくこともあります。

 

このように筋肉が緊張する理由は、過度な筋肉への負荷です。

筋肉の緊張による足全体の疲労感やダルさを軽減するためには、

硬くなった筋肉をほぐし、

長時間渡って同じ部分に負荷をかけ続けないようにすることが重要です。

 

 

●むくみ

 

 

足がむくむと以下のような症状が出ます。

 

 

・靴がきつく感じる

・靴下を脱いだ時に跡が付いている

・足が重い

・足の動きが鈍い

・ふくらはぎが張っているような感覚

 

 

ふくらはぎの筋肉には、

下半身に流れてきた血液を心臓に送りだす役割があります。

 

むくみは、このふくらはぎの筋肉が低下して

心臓に血液を送る力が弱まり、血流が滞ってしまうことで発生します。

 

 

足の疲れは早めに対策を

 

 

足のだるさをはじめとする倦怠感や疲労感は、

 

 

「体が疲れていますよ。」

 

 

というサインでもあります。

体に不調な部分があると心身ともに

不健康になっていく恐れがあります。

 

重要なのは「たかが疲れ」と甘く見ず、

しっかりと休息を取って疲れを長引かせないことです。

 

十分な睡眠をとるのはもちろん、

ゆっくりと入浴する・趣味の時間を設けるといった工夫をして

ストレスの少ない生活を心がけましょう。

 

kakatgaiti

 

 

 

 
やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる

美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket