ブログ
- 腰痛を和らげる座り方 -
3月 1, 2018 11:36 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と低体温症の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく東区、中区、一宮市
からも多くの患者さんが
おみえになられています。

 

 

腰痛に悩まされている人が、

毎年増えています

 

 

厚生労働省が行なった調査では、

慢性的な腰痛に悩まされている人は現在

 

およそ2800万人

 

と推定されます。

 

これは、

4人に1人

 

が腰痛に苦しんでいることを表しており、

さらにその患者数は年々増加しています。

 

 

腰痛が悪化してしまうと、「何をしていても痛い」どころか

「何もしていなくても痛い」とてもつらい状態になってしまいます。

 

それでも、寝て過ごせる場合はまだ良い方で、

強烈な痛みを抱えながらも、どうしても仕事が休めなかったり、

家事や育児をこなさなければならない人もたくさんいますよね。

 

 

腰痛を引き起こす原因、

特定できるのはわずか15%程度です

 

 

感じたことのある自覚症状として、

男性では1位、女性では2位、と私たちにとって身近な腰痛ですが、

 

「腰が痛い」と感じるとき、体内で何が起こっているのでしょうか。

 

それではどうして腰痛になるのか、

まずは

 

腰のしくみ

 

について見ていきましょう。

 

 

腰と呼ばれる部分は、脊椎(せきつい)の一部であり、

腰椎(ようつい)という5個の骨が積み重なって構成されています。

 

腰痛のほとんどは、この腰椎に負担がかかることで発症します。

しかし、ガンや腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)や

椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)など、

 

特定できる原因はわずか15%程度にとどまっています。

 

残りの85%は、検査をしてもはっきりとした結果は出ません。

 

運動不足や肥満、冷え症などの身体的要因、

生活習慣の乱れやストレスなどの精神的要因、

またはその両方が合わさって腰痛が起こる場合があります。

 

 

なんとかしたい!

つら~い腰痛、

和らげる方法ってありますか

 

 

原因がはっきりしないとなると、

痛みが治まるのを待つしかないのでは・・・と途方に暮れますが、

少しでも痛みを和らげるためにおススメの方法があります。

 

 

○ビタミンを摂取する

 

ビタミンには腰痛に効果を発揮するものがあります。

食事で補えない部分については、

サプリメントなどを活用して積極的に摂りましょう。

 

<ビタミンB1>

筋肉や神経の疲れを和らげてくれます。

 

<ビタミンD>

カルシウムのバランスを整え、骨や筋肉の形成に重要な栄養素です。

 

<ビタミンE>

血行の流れを良くする効果があります。

 

 

○座り方を工夫する

 

腰痛が起こっているとき、

座り方を工夫することで痛みの緩和につながります。

本来であれば椅子に座る方が望ましいですが、

床に座らないといけない場合はどんな座り方がよいでしょうか。

ポイントは次のとおりです。

 

・いわゆる「お姉さん座り」と呼ばれる横座りを避けること。

・座布団やクッションなどで衝撃を和らげること

・長時間同じ体勢でいないこと

 

 

thX7QVAM4S

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

症状について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket