ブログ
- なぜ椎間板ヘルニアで足がしびれるのか? -
3月 5, 2018 2:15 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
慢性疲労と捻挫の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく南区、中区、岡崎市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

もしかするとそれって

椎間板ヘルニアかも

 

 

ヘルニアと聞くと腰痛を訴える人が多くいらっしゃいますが、

最近ヘルニアとは関係なくてなぜか

足が痺れてしまうことってありませんか?

 

もしくは足の痺れで病院に行くと

「ヘルニアが原因」と診断された人も同じですが、

その症状は「椎間板ヘルニア」によって

足の痛みや痺れが起きている可能性があります。

 

今回は椎間板ヘルニアによって引き起こされる

足の痺れや痛みを詳しく説明していきます。

 

 

椎間板ヘルニアでの

足のしびれを起こすメカニズム

 

 

椎間板ヘルニアの一般的な症状としては「腰痛」が知られていますが、

腰から足にかけてのしびれもよく起こるといわれています。

まず椎間板とは、背骨の椎骨と椎骨の間にある、

クッションの役目を果たす軟骨のことを指します。

 

しかし、ある程度の年齢を重ねることにより、

誰でもこの椎間板が老化現象を起こしてしまうことが

実際によくある実態です。

 

この症状がひどくなるにつれて、

椎間板が後ろや横に飛び出してヘルニアを起こし、

また椎間板ヘルニアが神経を圧迫することで、

結果的に足の痺れに繋がります。

 

 

日常生活において

気を付けるべき点

 

 

椎間板ヘルニアは私生活で何気ない姿勢や

動作によって引き起こることがあります。

では、一体どうすれば腰に無理な負担を

かけないように過ごせるのでしょうか?

 

 

1.座る姿勢

 

座る姿勢にも色々ありますが、

まず床に座る場合はあぐらや正座、

横座りをするときも腰に負担をかけてしまうので

長時間同じ姿勢で座り続けることはなるべく避けましょう。

また、椅子に座る場合は膝が股関節より

少し高めになるように調節して座りましょう。

 

 

2.重いものを持ち上げたり

 取る場合

 

重いものを持ち上げたり、

取ったりする場合は腰を落として

自身のほうへ引き寄せるようにします。

 

中腰やひねりながらは腰に

かなりの負担をかけてしまうので避けましょう。

そして、自分より高い位置にものがあるときは、

台などを活用して背中をそらさないように工夫をしましょう。

 

 

3.掃除機をかけるとき

 

部屋の掃除などで掃除機を使うときは、

ホースを自分の身長になるべく合わせて

調節すると腰への負担が減ります。

 

屈むような位置に掃除をする際には、

膝をついて行うことがベストです。

 

 

 

iiiiiiiiiiiii

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体や鍼灸による筋肉や

靭帯に直接アプローチできる治療を行っております。
病院では異常がないと診断されても腰痛で悩んでいる方は、

骨格から見直すことから解決できる問題もたくさんあります。

気になる症状がある方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket