ブログ
- 髪型と肩こりの意外な関係 -
3月 22, 2018 2:41 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩と便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく昭和区、千種区、東海市
からも多くの方が
おみえになられてます。

 

 

 

あなたの肩こり・首の痛みは

ヘアースタイルが原因かも?

 

 

春を迎えるこの時期、多くの女性誌が

「ヘアースタイル」

の特集を組んでいます。

 

この春も引き続き、

アンニュイで柔らかさを出した女性らしいスタイルが

人気のようですが、

ヘアースタイルが肩こりや首の痛みの原因に

なることがあるのをご存じでしょうか?

 

肩こりや首の痛みの原因になりやすい髪型として、

◎前髪が長めのワンレングス、

分け目がどちらかに寄っているため左右が非対称、ロングヘア

◎ポニーテール

◎ヘアバンドやカチューシャを使用したスタイル

があげられます。

 

 

どうして髪型が痛みの原因に

なるのでしょうか?

 

 

仕事中や食事の際など、

ワンレングスの長い前髪のままでいると、

髪をよけるために首や身体を無意識のうちに傾けてしまいます。

 

髪の分け目が中央からずれるほどに、

傾きによる左右非対称の割合が大きくなり、

身体のバランスを崩すことにつながります。

常に力が入ることで筋肉疲労が起き血行が悪くなり、

肩こり・首の痛みの原因となります。

髪が長くなればその負担は更に大きくなると言われています。

 

長い髪を後頭部で一つに結ぶ

「ポニーテール」。

見た目もすっきりとし動きやすい髪型なので、

職業によっては、

就業中はポニーテールと決められている場合もあるでしょう。

 

髪の毛を一つに結ぶことにより、

頭皮や首回りの皮膚が体の後ろ側に引っ張られ、

バランスを取るために顎は前に出やすくなります。

 

顎が前に出ることで首や肩廻りの筋が引っ張られ筋肉が固くなり、

肩こりの症状を引き起こします。

また、常に髪が引っ張られることで

頭皮の表面にある神経が圧迫されます。

 

加えて頭皮の負担に耐えようとして頭部の筋肉が固くなることから、

頭皮の血流が悪くなり、

これらが肩こりだけでなく頭痛を引き起こすこともあります。

「ポニーテール頭痛」

と呼ばれる症状です。

 

 

 

あきらめないで!

髪を切らず対処する

 

 

顔にかかる髪をよけるために無意識のうちに

体を傾けてしまうような髪型の場合は、

髪を耳に掛ける、スタイリング剤を利用するなどとともに、

髪の分け目を変えることにより、

身体の傾きのバランスを取るなどの工夫が必要です。

 

ポニーテールの場合は髪をまとめた後、

首を回す、前後左右に動かすなどのストレッチを行い、

皮膚が引っ張られる感覚があればきつく結びすぎている証拠です。

 

髪の毛本来の生え方になるべく逆らわないように、

後頭部のできるだけ下の方で少し緩めに結ぶことにより、

身体や頭皮への負担は減少します。

 

zutuu5

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

症状について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket