ブログ
- 更年期と肩こり・腰痛 -
4月 6, 2018 5:27 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
突き指と片頭痛の治療が得意な
やすだ鍼灸接骨院です。

 
北区だけでなく港区、中川区、蟹江
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

【あなたの頑固な肩こり、

更年期の症状では?】

「更年期」とは閉経を挟んだおよそ10年間を表す言葉です。

個人差はありますが、

日本人女性の場合50歳前後の時期

であると言われています。

 

更年期障害は女性ホルモンのひとつ

「エストロゲン」

が年齢と共に減少することによる変化に

体がついていけず引き起こされる不調です。

 

更年期は女性が必ず過ごす期間ですが、

その時期でも不調を全く感じない人もいれば、

重い症状で日常生活に支障が出てしまう人もあり、

更年期障害を感じるかどうかには大きな個人差があります。

 

不安感やイライラなど心の症状、身体のだるさや疲れやすさ、

ほてりなどが不調の代表的な症状として

取り上げられることが多いのですが、

あなたを悩ますその頑固な

 

「肩こりや腰痛」

 

も実は更年期の症状かもしれません。

 

 

この時期は「エストロゲン」の減少が

自律神経のバランスを崩して血液循環が悪くなります。

加えて加齢による首や肩、腰回りの筋肉の衰えもあり、

普段肩こりや腰痛の症状がある人が、

更年期の時期に特に頑固な肩こりや腰痛、

背中のコリ、コリからくる頭痛に悩まされることは少なくありません。

 

 

【 予防・対策には血行促進が有効 】

 

① 運動、ストレッチ

肩こり・腰痛の症状を和らげるためには、

筋肉の緊張をほぐし、血行を良くすることが大切です。

長時間同じ姿勢で過ごすことで肩周辺や

腰回りの血行はさらに悪くなります。

日常生活ではもちろんのこと、デスクワーク、

電車や飛行機の移動時などは意識的に

屈伸運動やストレッチなどを取りいれて、

身体を動かすことも大切です。

 

 

② 入浴

身体が温まり血行がよくなるだけではなく、

精神的にホッとする時間を過ごすことでリラックスでき、

心身共に緊張から解放されます。

 

 

③服装やバッグに注意!

頑固な肩こりの時は、肩への負担を最小限にするようにします。
片方の手だけで重い荷物を持ち続ける、

ショルダーを片方の肩だけにかけることがないように注意が必要です。

冬の時期の重いコートも症状のひどい時には避けるようにします。

 

 

【 1人で悩まないで! 】

 

「更年期」の不調は、女性ホルモンの分泌が

急激に少なくなった結果生じる自律神経の乱れが原因となっているので、

不調の症状は様々に拡がり、いくつもの症状が重なって出ることもあります。

 

また日によって症状の出方や辛さも違います。

子どもの受験や独立、親の介護、職場での立場や

人間関係の変化などの時期とも重なるため、

ストレスにより症状も悪化しがちです。

整体、マッサージなどリラックスする時間を設ける他にも、

辛い症状が長く続く場合は医療機関を受診し、

更年期を上手く乗り越えましょう。

 

kubiita

 

 

 

 

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】
自律神経やホルモンバランスを整えるための鍼灸や、

全身の状態を見ながらバランス整体を行い、

お客様お一人おひとりに合わせて施術を行っております。
気になる症状のある方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket