ブログ
- 季節の変わり目には腰痛に注意 -
4月 13, 2018 12:29 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
つき指とぎっくり腰の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく千種区、天白区、一宮市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

春は腰痛に注意して!

 

 

だんだん暖かくなり、

春の陽気を感じられるようになりました。

いつもよりも活発に動けるようになり、

お休みの日には外に出かけられる機会も増えてきますよね。

しかしそんな春に気を付けていただきたいのが

「腰痛」

です。

 

 

実は春など季節の変わり目は

腰痛が起きやすいと言われているのをご存知でしょうか?

今回は季節の変わり目に起きる腰痛のメカニズムと

対処方法について紹介します。

 

 

腰を痛める3つのポイント

 

 

・気温差

血行は寒い時期に最も悪いイメージがありますが、

実は春など季節の変わり目などにも悪くなりやすいと言われています。

 

実はこれは気温差が大きく関係しており、

私たちの体が朝晩の寒い、暖かい、に体がついていかず、

血行不良が起きてしまうのです。

 

血行不良が起きると筋肉が硬直してしまい、

急に刺激を与えるだけでもぎっくり腰になる可能性もあるので、

十分に注意をしてください。

 

・花粉症

花粉症も実は血行不良を起こす原因の一つだと言われています。

鼻水がつまったり、だるさが続くと自然とストレスが溜まり、

血行不良を起こしてしまうのです。

 

また、くしゃみが腰に刺激を与えて、

もともとぎっくり腰になりやすい方は再発する危険性もあります。

くしゃみをする際は体を丸めたり、

モノにつかまって刺激を分散させるようにしましょう。

 

・環境の変化

春と言えば新学期に、移動など新しい環境になる方が増えます。

自分自身に変化が無くても家族や部下など、

周りの変化によってストレスを受けることで、

血行不良を起こすケースもあるのです。

 

また、春の引っ越しでは重たい荷物を持って

腰を痛める方もいるので要注意です。

 

 

春に腰を痛めない方法は?

 

 

暖かくなるとつい薄着になってしまいますが、

朝晩はまだまだ冷えが続きます。

薄着で出かけるのではなく、

調整しやすい服装にして体をなるべく冷やさないようにしましょう。

 

また、知らない間にストレスを蓄積させないためにも、

いつも以上にしっかりと休息を取り、適度な運動、

歓送迎会で食事のバランスが乱れないようにするなど、

いつも以上に生活のバランスを整えることを意識するだけでも、

腰痛になるリスクは軽減されます。

aaab

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

春の腰痛やぎっくり腰について、

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket