ブログ
- 産後の骨盤矯正 -
4月 16, 2018 1:58 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
冷え症と腰痛の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です

北区だけでなく熱田区、中村区、瀬戸市
からも多くの患者さんが
お見えになられています。

 

 

 

きちんと治さないと

危険な産後の骨盤

 

 

長い妊娠期間を経て、待ちに待った出産。

本当に幸せな瞬間に、

今までの苦労や大変だった事も吹っ飛んじゃいますよね。

 

無事に終わって安心するのもつかの間…

数時間おきの授乳に、オムツ替え、

夜泣きにお母さんは大忙しです。

 

毎日がバタバタで、ついつい自分の事は

後回しにしてしまいがちですが、

妊娠・出産は体に大きな負担をかけます。

 

 

出産による骨盤への影響

 

 

出産により骨盤が開いた状態になりますが、

産後数ヶ月で元の位置へとゆっくり戻っていきます。

 

しかし、左右のバランスが崩れていると

完全に戻りきらなかったり、歪んだ状態になってしまいます。

 

骨盤が歪んでしまうと体全体の歪みに繋がり、

様々な悪影響を及ぼします。

 

 

骨盤がきちんと戻らないとどうなる?

 

 

まず、体型に変化がでてきてしまいます。

骨盤が正しい位置に戻らないと、下腹がぽっこり出てしまい、

下半身が太りやすくなってしまいます。

 

体重は出産前と同じぐらいに戻ったのに体型が戻らない…

何て言う場合は、骨盤がきちんと戻らずに

歪んでしまっている場合があります。

 

出産前の体型に戻る為には、骨盤の歪みは禁物なのです。

さらに、背中や腰の痛みなどの症状がでたり、

肩こりが悪化したりと様々な症状に繋がります。

 

 

産後の骨盤矯正の時期

 

 

産後は骨盤がグラグラで不安定になります。

産後すぐに重たいものを持ち上げたりすると、

骨盤にかなりの衝撃が加わるので危険です。

 

一般的には、産後6か月までに骨盤を

矯正するのが効果的だといわれています。

 

6か月を過ぎてしまうと骨盤の戻ろうとする力が弱まり、

歪んでいる状態を治すのが大変になってきてしまいます。

 

ただし、産後1か月はまだ出産による影響で

体への負担が残っている時期なので、

ゆっくり体を回復した方が安心でしょう。

 

 

骨盤矯正の方法

 

 

・骨盤ベルト

日常的に使用でき、開いた骨盤を

もとに戻す手助けをしてくれます。

出産後すぐから使用できるものもあるので、

出産前に準備しておくと安心です。

ただし、早い時期にきつく絞めすぎると

骨盤へ悪影響を及ぼす可能性があるので、

使用方法をきちんと確認してから安全に使用しましょう。

 

・ヨガ

骨盤の開きを正すだけでなく、

胸や背中の筋肉を伸ばすことでコリも解消されます。

瞑想も加える事で、日頃バタバタ過ごすことの多い

お母さんには気分転換になりますし、リラックス効果も期待できますね。

自宅で出来る簡単なポーズもあるので、

赤ちゃんのお昼寝の短い時間でも少しずつ取り組むことができます。

 

・プロの手を借りる

定期的に専門機関で施術してもらうこで、

骨盤を元の位置に戻していきます。

自分だけで行うには限界がありますので、

様々なトラブルはやはりプロにおまかせしましょう。

最近では子供連れOKな機関も多いので安心ですし、

普段家にいる事の多い方にはちょっとした気分転換になりますね。

 

 

iii

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

骨盤などによる悩について、

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket