ブログ
- 首の寝違えの対処法 -
5月 29, 2018 2:19 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
寝違えと慢性疲労の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく東区、名東区、豊田市
からも多くの患者さんがおみえになられてます。

 

 

 

【少しでも早く痛みを和らげるには】

 

朝起きたら突然の首の痛み・・・。

経験したことのある人も多いのではないでしょうか。

 

寝違えの痛みは時間がたてば落ち着いてくることがほとんどなので、

対処せず痛みが引くのを待つという人が多いと思います。

 

しかし、何度も放置していると寝違えが癖になってしまう可能性があります。

 

 

 

【寝違えの原因】

 

 

首を動かそうとすると痛んだり、幹部が熱を持ってしまっている

という症状は寝違えであると考えられます。

 

寝違えが起きる原因は、睡眠時間の姿勢によるものが大半です。

 

寝ている場所が窮屈だったり枕が合わないなど、

不自然な状態が長く続くと起こります。

 

通常は無意識に寝返りを打って負担のかからない体勢で睡眠しますが、

環境や過労・泥酔状態などにより寝返りをほとんど打てなかったりすると、

首周りに負担が長時間かかってしまい、靭帯や筋肉を傷めてしまい

寝違えの症状が起こってしまうのです。

 

 

 

【対処法】

 

 

痛みを感じたらまず冷やすことが大切です。

冷やすことで炎症が和らぐので、

氷水を入れたビニール袋や保冷剤で痛みのある部分を冷やすと良いでしょう。

 

他には、炎症を鎮めるために湿布も効果的です。

痛みのある部分に湿布薬を貼るほかにも、

消炎鎮痛剤を内服するのも痛みを和らげるのに効果的です。

 

 

 

【NGな対処法】

 

 

首を温める事は予防としては効果的ですが、

寝違えが起こっている場合は温めてしまうと炎症反応が助長され、

症状を悪化させてしまう可能性があるため避けた方が良いでしょう。

 

痛みのある日は温めるのは良くないとされているので

入浴も避けると安心です。

 

その他には、首のマッサージやストレッチは

炎症がひどくなってしまったり、症状を悪化させてしまう可能性があるので

避けた方が良いとされています。

 

痛みのほかに頭痛やめまい・吐き気を感じてしまう場合は、

頚椎や椎間板を傷めてしまっている可能性があるので、

専門機関への受診をおすすめします。

 

 

 

【寝違えを予防する方法】

 

 

寝違えを予防するのに大切なのは、

筋肉の強張を防ぐことであるといわれています。

 

普段からデスクワークの時間が長かったりすると

体が緊張している時間が長くなってしまい、首の筋肉が硬直状態になり

寝違えを起こす可能性が高くなってしまいます。

 

それらを防ぐためには、

仕事の合間に首を伸ばしたり肩を伸ばしたりなどの

簡単なストレッチを行う事が効果的です。

 

ストレッチをして筋肉を柔軟にし、

正しい姿勢を意識して日常生活を送ることが大切です。

 

 

kubiita

 

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

 

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

 

首の痛みなどについて、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket