ブログ
- 体が歪むとお尻が垂れる?! -
6月 5, 2018 3:43 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
腰痛と捻挫の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく東区、天白区、豊田市
からも多くの患者さんが
おみえになられています。

 

 

 

【年齢が出やすい後ろ姿】

 

 

年齢を重ねて、肌や体型が年相応になってくる・・・

これは至って普通のことです。

 

それでもマイナス○○歳に見られたい!

など、特に女性の永遠のテーマのようになっていますね。

 

前から見た時の印象はまず顔・・・

ですが後ろから見た時に年齢が出やすいのは

背中とお尻という意見が圧倒的に多いようです。

 

特に日本人は元来が猫背気味前で、かがみになる機会はあっても

意識的に体の後ろの筋肉を使っていかないと

後ろ姿から年齢が出てしまうものです。

 

 

①背中のシルエットが丸くなる

 

これは肩こりとも密接な関係があるのですが、

セルライトが溜まるのは何も太腿だけではないのです。

 

筋肉不足で血行不良になった場所で流れが滞って脂肪がつきやすくなり、

最終的には頑固なセルライトとしてどんどん蓄積されていきます。

 

昔よりも体に厚みが出てきた・・・

そんな実感のある人は肩の周りにポイントがありますね。

 

 

②お尻が垂れてくる

 

お尻も意識的に使っていないと筋肉が衰えやすい場所ですが、

他にも要因はあります。

 

骨盤が歪んで子宮内が血行不良を起こしていると、

下半身が冷えやすくなり、結果的にお尻を始め太腿やふくらはぎが

浮腫んで垂れやすくなります。

 

 

 

【骨盤が歪みやすい習慣】

 

 

・間違った歩き方

 

ヒールの高い靴に限らず、最近では膝を十分に屈伸させずに

ズルズルと歩く若い世代が増えています。

 

今は痩せていても、代謝が落ちた時に急に太りやすくなる、

たくさん歩けないなどの弊害になることも。

 

 

・足を組んで座る

 

どちらか一方の足ばかり組みたくなるのは、

既に骨盤に癖がついている証拠です。

 

足を組んでも運動によって柔軟性が損なわれていなければ良いのですが、

デスクワークや長時間の勉強などにより

同じ姿勢が長く続くことで骨盤にも負担がかかっています。

 

 

・下着のサイズが合っていない

 

補正下着もある程度なら効果を発揮しますが、血行を阻害するほどの

補正力があるものだと体内の循環を悪化させてしまうので

結果的に代謝の悪い体質になる原因となります。

 

着るものや場所によっては

どうしても見た目をどうにかしたいなど、

一時的な用途であれば問題ありませんが、

常に着用しても筋力アップを望める下着でない限り

体質そのものにはあまり良い影響があるとは言えません。

 

22222222222222222

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

 

全身のバランスを調整して

体の不調を見直すバランス整体を行っています。

 

アンチエイジングは肌だけのテーマではありません。

歪みを整えて、健康的で若々しく見える土台作りを

意識してみてはいかがでしょうか。

 

気になる症状がある時はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket