ブログ
- 貧血と肩こりの関係 -
6月 15, 2018 10:39 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩と膝痛の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

北区だけでなく港区、千種区、尾張旭市

からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

 

頑固な肩こりの原因は

一つではない!

 

 

マッサージに通ったり、

自分でストレッチをしたり、

日々何か良い肩こりの解消方法は

ないものか探している人も

多いのではないでしょうか。

 

その肩こりの原因は

いくつかのことが考えられます。

 

 

 

①筋肉量の不足

 

肩こりは

血液の流れが滞ったところに

疲労が溜まることで起きる炎症です。

 

つまり、常に流れやすい状態であれば

肩こりは一時的な筋肉痛のように

何日か経過すれば炎症状態から

解放されるわけです。

 

筋肉量より脂肪の量の方が増えてしまうと、

脂肪細胞の周りでリンパの流れも停滞し、

セルライトがどんどんついて

さらに筋肉が付けられない

悪循環になります。

 

血行を良くしたい時は運動も重要ですが、

常に運動を続けることで身つく筋肉が

様々なトラブルを回避してくれます。

 

 

 

②長時間同じ姿勢

 

いくら筋肉を付けても、動かさないと

やがて凝り固まってしまうものです。

細い筋肉が固まると

その繊維が回りの血管や筋肉繊維の

収縮を妨げることになり、

どんどん可動域が狭くなって

動かしにくくなります。

 

筋肉をほぐすには

ストレッチをして局所的に伸ばす、

もしくは適切な場所に指圧の刺激を送る

などが効果的です。

 

固まっている状態で

いくら筋力トレーニングをしても

外側に筋肉が増えるだけで

内側は緊張状態のままですから、

最終的には痛みとして現れることも

珍しくありません。

 

まずはほぐすという過程が

とても重要です。

 

 

 

貧血が肩こりの原因に

なっていることも・・・

 

 

こまめにストレッチをして、

運動も取り入れているのに

肩こりや冷え性が一向に改善しない時、

もしかするとそれは貧血のサイン

かもしれません。

 

血行を良くすることに重点を置き過ぎて、

そこに流れる血液の質にまでは

なかなか目が行き届きませんよね。

 

立ちくらみ、血色が悪いなど

明らかなサインの前に、

疲れが取れないなどの症状がある時は

貧血の可能性があります。

 

きちんと食事をしているつもりでも、

鉄分は大変吸収しにくい栄養素です。

 

血中ヘモグロビンが不足するだけで、

その他の栄養素を運ぶ器を作ることが

できなくなり、

結果的に全身が血行不良で

栄養不足の状態になります。

 

 

これが疲れやすい体、

肩こりが治りにくい体質に

繋がっているというわけです。

 

 

実際に体に歪みがあって、

体のどこかで流れが遮断されていることも

ありますので、

客観的に自分の体の状態を知り、

整えることも大切ですよ。

 

1

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランスを調整して

体の不調を見直すバランス整体を

行っています。

 

適度な運動やバランスの良い食生活も、

体の土台が整ってこそ

効果を発揮できます。

 

気になる症状がある時は

コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket