ブログ
- 体の歪みと過敏性腸症候群 -
6月 30, 2018 10:48 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
寝違えと便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく東区、名東区、豊田市
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

 

検査ではわからない

下痢と便秘を繰り返す

症状とは?

 

 

 

お腹の調子が安定しないばかりに、

各駅停車の電車しか乗れない、

見知らぬ土地での旅行を楽しめない、

どこにいてもトイレの場所を気にしている・・・

 

そんなお悩みのある方はいらっしゃいませんか?

 

 

過敏性腸症候群は花粉症と並び、

日本人にどんどん増えている

症状の一つです。

 

 

腸の働きと免疫力に関連があることを

考えると、

過敏性腸症候群と花粉症を

併発している人の割合は

比較的高いのではないかと考えられます。

 

 

過敏性腸症候群に多いのは、

 

便の水分量が一定しないこと、

排便のタイミングが一貫していないこと

 

などが挙げられ、

重要な時に限ってコントロールができない

のが多くの人を悩ませています。

 

 

軽い場合であれば、

胃腸薬や漢方薬でも

症状を抑えられることもありますが、

症状が悪化してついには

入院生活を余儀なくされるという

ケースもありますので、

自分がもしかしたら過敏性腸症候群に

なっていると感じる時は、

早めに専門機関を受診するように

しましょう。

 

 

その場合、

 

暴飲暴食をする機会が多い、

ファストフードばかり食べている、

睡眠時間が不規則な生活をしている

 

など、明らかに自分でまず改善できる点が

ある時はそれらをクリアしても症状が

変わらないかどうかを見極めてみましょう。

 

 

 

過敏性腸症候群は

自律神経と深く

かかわっている?

 

 

 

胃の機能が低下している、

または胃で消化できない食事ばかり

しているために腸に負担がかかっていて

便秘と下痢を繰り返している人は、

野菜をふんだんに取り入れた食事を

心がけると胃が回復して

排便も快適になることが多いです。

 

 

しかし、

食生活や生活習慣を改善しても

過敏性腸症候群の疑いが晴れない時は、

自律神経が胃腸の働きを狂わせている

可能性があります。

 

 

本来であれば活動しなくて良い時に過活動して

胃液が胃壁を溶かしている場合もあれば、

腸が働かなければならない時に

休んでしまい便秘になっていることも

あるのです。

 

 

自律神経が過敏性腸症候群の

原因となっている時は、

見直すべきポイントが数多くあり、

規則正しい生活やバランスの良い食生活、

スマートフォンなどのブルーライトを

発する機器の使用時間などが挙げられます。

 

 

それでも体内のオンとオフがうまくいかず

自律神経が整わない時は、

骨格の歪みに由来していることも

ありますので、あらゆる方向から

症状の改善策を考えてみることが

大切です。

 

 

 

骨格の歪みが引き起こす

自律神経の乱れとは?

 

 

 

自律神経は、

神経と名前が付いているために

精神的なものや考え方で改善できると

思われている方も多いようですが、

肋間神経痛や坐骨神経痛などのように

れっきとした神経の疾患です。

 

 

しかし、

自律神経の場合は痛みではなく

体の機能の不調として症状が現れるために、

気力でなんとかなると思われている

背景があるのです。

 

 

鬱病や躁うつ病とも関係が深い

と言われているのは、

その症状が似ていることだけでなく、

自律神経の乱れが体のあらゆる誤作動を

引き起こす原因となるからなのです。

 

 

生活習慣でも乱れることがある

自律神経ですが、

骨格の歪みやそれに端を発する

血行不良も自律神経に大きな影響を

与えています。

 

 

それは、自律神経が

首の横を通っている太い神経である

ということを考えれば

おわかりいただけるのでは

ないでしょうか?

 

 

骨盤が歪んでいる、

足の長さに左右差がある、

肩の高さが違う、

過去にした大きな怪我で

均衡がとれていない

 

など原因は様々ですが、

体のバランスが歪んでいるところに

頭という一番重い荷物を

細い首で支えていると、

必然的に首の周りの神経が

圧迫されますよね。

 

 

そこで、

生活習慣や食生活をどんなに

気をつけていても、

骨格の歪みが自律神経を圧迫して

乱している元凶になるということが

起こり得るわけです。

 

 

hhhhhhhhhhhh

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

 

全身のバランスを調整して

体の不調を見直す鍼灸バランス整体を

行っています。

 

なるべく飲み薬には頼らずに

症状を改善したい、

根本的な原因を知りたい、

胃腸の不調だけではなく腰痛や肩こりも

酷いなど、

あらゆる症状をお聞きして

体の不調にアプローチしていきます。

 

 

稀に、

妊娠中や更年期に便秘と下痢を

繰り返す方もいらっしゃいますが、

その際は骨格に由来した自律神経が

引き起こしているわけではなく、

ホルモンバランスや子宮の動きに

関連していることもあります。

 

 

骨盤や股関節の調整をすることで

改善できるケースもありますが、

時期によっては産後数ヵ月以降でないと

調整できない箇所もありますので、

長期的な視野で症状と

向かい合っていきましょう。

 

また、明らかに潰瘍がある、

腸に持病があるなどの場合は

そちらの治療を優先されてからの

施術となりますので、

専門機関での的確な指示を

仰ぐようにしましょう。

 

 

検査をしてもどこも悪くないのに

症状だけが悪化していくような時は、

骨格から見直してみては

いかがでしょうか?

 

 

骨格と神経、

靭帯や筋肉は全て繋がっており、

どこかに歪みが出れば違う所に

不調が出るものです。

 

 

気になる症状がある時は

コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket